fbpx

仮想通貨リブラ、世界の基軸通貨化に現実味。フェイスブックが米ドルを駆逐する=高島康司

フェイスブックが来年に立ち上げ予定の「リブラ(Libra)」に関して、注目される新しい動きがあったので詳しく紹介したい。「リブラ」の実態が一層はっきりと明らかになる。(『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』2019年8月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

英中銀総裁が猛プッシュ、リブラが米ドルに代わる国際決済通貨に

「実際に導入されるのか?」疑問視する声が多数

今年の6月後半に「フェイスブック」が独自の仮想通貨、「リブラ(Libra)」の導入計画を発表してから、これを巡って議論が続いている。

「リブラ」は、世界の主要通貨に金を加えた通貨バスケットに価値をリンクさせた安定した仮想通貨である。そのため、25億アカウントを持つ「フェイスブック」がこれを導入すると、あらゆる送金と決済の手段としてたちどころに拡散し、貿易の国際決済にも使用される可能性すらあると見られている。すでに100社のクレジットカード会社やIT産業の主要企業がパートナーとして参加し、来年の導入に向けての準備が進んでいる。

「リブラ」による送金と決済には、「フェイスブック」の子会社、「キャリブラ(Calibra)」が開発したスマホ用のアプリが使われる。

これは、中央の管理組織を介さないピアツーピアの送金と決済のシステムだ。銀行が介在する必要性はなく、また中央銀行の管理下にもない。これまであらゆる送金と決済を仲介していた銀行にとっては、大きな脅威となる。また、マネーロンダリングテロ資金の送金手段として使われる可能性もある。

そのため各国の金融当局は、一斉に「リブラ」の導入に懸念を示し、徹底した規制と管理の必要性を主張している。また米下院などは、「リブラ」の導入に全面的に反対する姿勢を明確にしている。

このような、金融当局や各方面からの強い懸念や反発があったので、実際に「リブラ」が導入されるのかどうか疑念が生じている。

一時は大変に注目された「リブラ」であったが、発表から約3カ月経ったいま、否定的な意見が強く、かつてほど注目されなくなっているのが現状だ。実際に導入されるのかどうか疑問視する声も多い。

再び注目される「リブラ」~英中央銀行総裁の発言

このようななか、「リブラ」は再度大きく注目されるようになっている。それは、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行のカーニー総裁の発言である。

8月23日、米連銀(FRB)と各国の中央銀行との定例年次会合「ジャクソンホール会議」が開催された。その席上、イングランド銀行のマーク・カーニー総裁は、「リブラ」のような仮想通貨の導入を後押しするような発言をした。

Next: 世界は米ドルに依存しすぎている?英中銀総裁の思い切った提言とは

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい