fbpx

東京五輪のために我慢しろ?2分に1回、都心上空で騒音を出す羽田「新ルート」=ら・ぽ~るマガジン

東京五輪にむけて羽田空港を発着する国際便を増やすために、都心上空を飛ぶ新ルートが決定。来年3月の運用開始ですが、騒音問題が取り沙汰されています。(『らぽーる・マガジン』)

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2019年8月12日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

五輪のためなら許される?渋谷は上空で目覚まし時計が鳴る状態に

「1時間に30便」都心上空を旅客機が飛ぶ

東京五輪にむけて、羽田空港を発着する国際便を増やすために都心の上空を飛ぶ新しいルートの運用が、来年3月から開始することが決まりました。

都心を低空飛行するため、騒音落下物の問題が取りざたされています。

着陸離陸とも海上を通る現在のルートに、新たに都心からアプローチするルート2本が設けられます。

A滑走路とC滑走路にアプローチするルートで、海外便が集中する15時から19時の間、南風好天時はA滑走路アプローチルートは1時間に14便C滑走路アプローチルートは1時間に30便飛ぶことになります。つまり、C滑走路アプローチルートは2分に1回は飛ぶことになります。

新宿や渋谷の上空を通過。大井町では高度305mの低空飛行も

A滑走路アプローチルートは、
浦和 成増 中野 代々木公園 渋谷 恵比寿 目黒 白金 大崎 大井町

C滑走路アプローチルートは、
川口 北赤羽 新宿 代々木 広尾 白金高輪 品川 天王洲アイル

を経て、羽田空港に向かいます。

都心に入ったところで高度を下げてくるようです。新宿駅付近で約915m、より空港に近い品川区の大井町駅付近で約305mといった低空飛行になります。

新ルートができることで、国際線発着数は年間約6万回であるのが9.9万回に増え、年間6,503億円の経済効果が見込まれるとしています。

Next: 深刻な騒音問題、渋谷では目覚まし時計が鳴っている感じ?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい