fbpx

仮想通貨リブラ、世界の基軸通貨化に現実味。フェイスブックが米ドルを駆逐する=高島康司

フェイスブックをバックに持つ優位性

これからは「リブラ」と同じようなコンセプトの安定した仮想通貨の開発計画が多数発表される可能性が高い。こうしたものには、ICOという形態で資金を募集するベンチャーも出てくることだろう。

だが、どの仮想通貨も25億アカウントを持つ「フェイスブック」の「リブラ」にはかなわないだろう。

米中貿易戦争などをひとつの背景にした金融危機の発生が懸念されるいま、「リブラ」の導入には、金融システムの安定という新たな期待がかけられている。

こうした状況なので、各国の金融当局とも密接に協力しながら、「リブラ」の立ち上げはさらに加速することだろう。このメルマガでは、随時「リブラ」の動きを追い、報告する。

続きはご購読ください

【関連】仮想通貨ブーム再燃、次に来るのはFacebookの欠陥を吹き飛ばすブロックチェーン技術=高島康司

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2019年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・改めて注目される「リブラ」の動向/もっとも人気のあるプロジェクト(8/27)
・証券取引所とブロックチェーン(2)(8/20)
・証券取引所とブロックチェーン(1)(8/13)
・相乗りサービスとブロックチェーン(2)(8/6)
いますぐ初月無料購読!

image by:Poring Studio / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』2019年8月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日韓対立、説明不足で日本が負ける?経済的には有利だが、歴史問題が絡むと非難殺到=高島康司

【関連】リンガーハット、20億円赤字・大量閉店から完全復活。わずか数年で改革できた3つの要因=栫井駿介

1 2 3 4

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』(2019年8月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン

[月額1,100円(税込) 毎週火曜日]
昨年から今年にかけて仮想通貨の高騰に私たちは熱狂しました。しかしいま、各国の規制の強化が背景となり、仮想通貨の相場は下落しています。仮想通貨の将来性に否定的な意見が多くなっています。しかしいま、ブロックチェーンのテクノロジーを基礎にした第四次産業革命が起こりつつあります。こうした支店から仮想通貨を見ると、これから有望なコインが見えてきます。毎月、ブロックチェーンが適用される分野を毎回紹介します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー