fbpx

ついに始まった45歳以上の大量リストラ。中産階級の消滅で日本経済は壊滅へ=今市太郎

中高年のリストラが急増しています。日本を支えてきた中産階級が激減しており、ほんの1%の富裕層と残りの貧乏人で構成される構造破壊社会が生成されつつあります。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年1月15日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

70歳まで働く社会を呼びかける国と現実のギャップが埋まらない…

儲かっている企業も中高年をばっさりリストラ

このメルマガでは昨年、本邦のファンダメンタルズの重要なファクターの変化という視点で、バブル世代や団塊ジュニア世代の雇用状況が激変しており、加速度的に早期希望退職という形でリストラが進んでいることをご紹介してきました。

【関連】40代のリストラ加速。人手不足は大嘘で、超低賃金の単純労働者だけを求める日本社会=今市太郎

東京商工リサーチの調べでは、2019年に早期・希望退職者の募集実施を公表したのは36社で、募集・応募人数の合計は1万1,351人(判明分)。そのほとんどが45歳以上の雇用しすぎたバブル世代や、そのあとの団塊ジュニア世代がターゲットになっています。
※参考:2019年(1-12月) 上場企業「早期・希望退職」実施状況 – 東京商工リサーチ(2020年1月15日配信)

業績の好・不調とは関係なく、儲かっているところでも、中高年の人減らしが非常に増加していることが明確になりつつあります。

40代リストラ世代は再就職も厳しい

圧倒的に人数が多く、与えられるポジションも限られている40代の中年層を減らして、その原資を若手や社内にいない才能を持った人材の雇用に回したいというのが、多くの企業の真意のようです。

また、個別企業は自社のことだけを考えてこうした動きをとっているものの、社会的には40代リストラ世代はひとつのクラスタ化をしはじめており、あまりにも同年代の求職者が増えていることで、次なる仕事を見つけることが困難な状況に陥りつつあるようです。

リストラに関しては、個々人の能力の問題に起因するので仕方ないという見方も強いわけですが、実は資本主義を基本とする日本社会に重大な問題を発生させようとしているのです。

Next: 中産階級が激減?終身雇用と企業内失業者の雇用維持が社会を支えていた…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー