fbpx

年中無休・24h対応。ISの「テロリスト様ご相談窓口」から分かること=奥山真司

テロリストも所詮は「人の子」不安を抱えている

2つ目は、ISのテロリストたちも必死であるということ。

「自爆テロするんだから当たり前だろ」という突っ込みはごもっともなのですが、彼らも所詮は「人の子」なのですから、いざ実行するまでにアジトがバレて警察に踏み込まれたり、現場で自爆する前に射殺されるなどして、自分の命を無駄にすることは我慢できないわけです。

つまり彼らも「命をかけている」わけですから、とっても不安

だからこそ冒頭で紹介したような「ご相談窓口」への需要が出てくるのであり、本部のIS側もそれに応えようとして(CIAやNSAにバレる危険をおかしながら)爆弾の作り方を教えたり、他のイスラム教徒をISの教義に共感させて巻き込むような扇動の仕方を、わざわざオンラインで親切丁寧に教えてあげたりするわけです。

クラウゼヴィッツは戦争を「決闘である」と表現しております。

そしてここで重要なのは、テロによって「決闘」を申し込んできたISというテロリストたちも、我々と同じように不安を抱えながら犯行を実行する、弱さをもった人間であるということです。

テロリストたちはたしかに悪魔的な行為をしております。ただし彼らも我々と同じ「摩擦」(フリクション)に取り囲まれた人間です。

スーパーマンでも悪魔でもないのです。

そしてその違いは、戦略の階層の最上階に位置する「世界観」にあるのです。

彼らが人間であるという当たり前の想定……戦略を考える際に、我々はこの単純な事実を決して忘れてはなりません。

【関連】「ISをトルコ、米国が支援」これだけの証拠~密売石油は日本へも

【関連】「パリ同時多発テロ」と「9.11テロ」の共通点と相違点~楽観的すぎる市場

【関連】パリ同時テロで何が変わるか~米ロ関係、原油、欧米中銀の金融政策=久保田博幸

1 2

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』(2015年11月21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

[無料 週刊、不定期]
国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー