fbpx

空気が読めないホンダの「英国撤退」発表、EU離脱の混乱で日本が恨まれる?=児島康孝

本田技研工業はイギリス国内の四輪車工場について、2021年をもって撤退することを発表しました。英国はいま、EU離脱をめぐって大荒れの状況です。もう少しタイミングをはかることはできなかったのか、疑問が生じます。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

本記事は有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』2019年2月22日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

なぜいまそれを言う?判断は正しくとも、印象は最悪のタイミング

ホンダ、2021年で英国完成車工場から撤退へ

本田技研工業は、英国の四輪車工場について、2021年中をめどに撤退することを発表しました。

ホンダの発表から伺えるのは、欧州では今後さらに電動車が重視される中で、電動車の生産は欧州では行わないという判断のようです。

電動車については、北米など他の地域で生産し、欧州に輸出する方向のようです。

これは経営判断なわけですが、現在は今年3月末の英国EU離脱期限の直前です。英国が大揺れの中で、なぜ、このタイミングなのか?これは大きな疑問です。

英国にすれば、ホンダの「冷たい仕打ち」という受け止め方以外にないでしょう。

日本車は欧州で苦戦しているが…

確かに欧州では、日本車は苦戦しているのです。

以下は、フィンランドのヘルシンキの路面電車(トラム)を撮影した動画です。映り込んでいる車をみても、日本車はほとんどありません。

これは、車だけでなく家電製品もそうなのですが、欧州の場合はデザインのレベルが高いので、なかなか日本製品はマッチしないのです。

ですから、日本製の車や家電製品は、デザイン面で劣勢で、欧州ではほとんどみかけないのです。

ですから、ホンダの決断自体は、たぶん、正しいでしょう。

しかし、ブレグジット問題で英国が大揺れの最中に、あえて発表しなくても…という感じがします。

もう少し早めにするか、もう少し後にするか、タイミングをはかることはできなかったのでしょうか。

Next: 印象は「最悪」のタイミング。日本が恨まれる可能性もある?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい