fbpx

来日中のジム・ロジャーズが言及する「金融ショック」に向け、いまとるべきリスク対策=田中徹郎

最近、さまざまなところでジム・ロジャーズさんのインタビューを見かけます。内容に変わりはないものの、これからの資産対策に有効なポイントを解説します。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

ジム・ロジャーズさんがインタビューで過剰マネーのリスクに言及

インタビューの内容はいつものとおりだが…

最近テレビや新聞などで、ジム・ロジャーズさんのインタビューをよく目にします。本も出されたようで、そのプロモーションでしょうか、久しぶりに来日されているようですね。

皆さんの中にも、インタビューを見聞きされた方は多いのではないでしょうか。

インタビューの内容はいつもの通りで、たとえば、

  • 世界的にお札が大量に刷りまくられており、維持不能なレベルまでになっている
  • 金利の低下などから、負債を拡大する主体が多く、世界は過剰債務の状態にある
  • 史上最悪の世界恐慌は必ず来る、備えとしては実物資産を持つしかない
  • 日本は巨額の借金がある一方で少子化が進んでいる、今後日本は衰退するだろう
  • 中国は債務拡大などで問題を抱えているが、いずれ世界の覇権国になるだろう
  • 北朝鮮は投資対象として有望

こんな内容ですが、僕自身もジムさんに共感する部分はいくつかあります。

たとえば世界的な過剰マネー状態からくる、「債務の拡大⇒破綻の連鎖⇒金融ショックの再来」というシナリオへの備えが大切だという点です。

もし本当にこのような金融ショックが起きるなら、私たちはその被害から自らを守らなければなりません。この場合、どのような行動が求められるのでしょうか。

前回のショック時でも経験した通り、金融の世界で起きるショックは、株や債券、ヘッジファンドなど証券化された金融商品(言い換えれば「ペーパーアセット」)へ、連鎖的に広まってゆきました。

一方で貴金属やコイン、宝石など一部の現物資産への影響はほとんど見られませんでした。

このことから現物資産の組み入れ、すなわち質的分散が、ジムさんのおっしゃる金融ショックへの対策として機能すると考えてよいでしょう。

この点についてジムさんは、近著『お金の流れで読む日本と世界の未来』の中で少し触れられていますが、あまりに僕の考えと近いので少し驚きました。

ただし問題は、その「金融ショック」がいつやってくるかという点で、その点に関しては僕は少しジムさんと違う考えを持っています。

Next: いつかくる「金融ショック」に、どう対策する?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい