fbpx

強固な反日は2022年まで続く…独善主義でルール無視、韓国「硬直化経済」に大きな落し穴=勝又壽良

韓国・文政権が落ち着いて政権運営できるのは今年と来年の2年間です。雇用を破壊した「最低賃金引き上げ」は継続され、日韓外交の冷却化も2022年まで続きます。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年2月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし)
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。東海大学教養学部教授、教養学部長を歴任して独立。

文在寅政権は「雇用を破壊しただけ」という最悪の政権になる…?

2022年5月までは「日韓外交の冷却化」が続く

韓国は、文在寅政権の出現で大きな曲がり角に立っています。「86世代」と言われる民族主義グループが、大統領府の実権を握っているからです。

「86世代」とは、1960年代生まれ、1980年代に学生時代を過ごし、強烈な学生闘争に参加人たちのことです。政治意識が先鋭で、北朝鮮の「主体(チュチェ)思想」に心酔しています。政治思想は、「反日米・親中朝」路線が鮮明です。

文政権が生まれた2017年5月以来、日韓関係はすべてご破算になったのは、この「86世代」による「反日路線」の結果でしょう。となると、文政権が続く2022年5月までは、日韓外交の冷却化が続くものと見るほかありません。

問題は、この間に韓国経済が世界経済の激変について行けず、通貨危機に遭遇した場合、どこへSOSを打つのか、です。

日本が、韓国の問題について心配する必要はありません。ただ、過去2回の通貨危機では日本へ資金の緊急支援を求めてきました。現在の日韓関係は、冷却状態です。その日本へ「お願いします」とは言えないでしょう。

このように、韓国政府はアマチュア集団と言えます。韓国外交部(外務省)には過去、日韓交渉に関わった「ジャパン・スクール」と言われる人々が、文政権によってすべて追放されました。日本との交渉を「積弊(積年の弊害)」扱いしている結果です。

文大統領は、口を開けば「日韓関係は未来志向」と言っています。現実は「過去志向」で、未来の問題は何一つ語っていません。本腰を入れた「日韓首脳会談」は一度も開かれていないのです。

両国は、近くて、最も遠い国の関係となっています。

文大統領の腹心が「選挙に関する世論操作」で実刑判決へ

文政権は、日本に対してだけ「独善主義」を貫いているのではありません

韓国国内でも、同じような姿勢を取っています。大統領府も与党「共に民主党」も、自らの反対派には容赦ない攻撃を加えています。これが、「革新派」の看板を掲げる政党の言動だろうか。そういう疑問を持たせるほどです。

文大統領の腹心とされる金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事は、文大統領が当選した2017年の大統領選挙に関する世論操作事件でつい最近、2年の実刑判決を受けました。金被告が国会議員だった2016年から、不正プログラムを使ったインターネット上の世論工作を元「共に民主党」党員に指示し、17年5月の大統領選で文氏に有利になる操作を行って、その罪が問われました。

この事件は、発覚後の警察捜査がずさんだった点も問題になりました。大統領側の圧力か、警察の忖度かは不明ですが、この事件をうやむやに葬り去る動きが鮮明でした。韓国司法が、権力に対していかに迎合的であるか。それを示す典型例でした。

さらに驚くべきことは、この事件の担当裁判長へ「弾劾」という個人攻撃を始めているのです。日本であれば、「判決を真摯に受け止め、国民に謝罪する」というコメントが出るものです。そういう気配が全くないどころか、韓国与党は要旨、次のような挑戦的な談話を発表しました。

「前大法院長の逮捕に対す報復裁判であり非常に遺憾に思う。我が党は『司法介入勢力・積弊清算対策委員会』を構成するだろう。前大法院長の司法介入にかかわっている判事の人的清算が行われなければ司法改革は難しい。法的手続きである(裁判官)弾劾を含むさまざまな方策を考えたい」

出典:『朝鮮日報』1月31日付

前大法院長(最高裁長官)が、朴政権当時に旧徴用工問題の判決遅延に関与した、という文政権の強引な主張により逮捕されました。前記の裁判長は、この前大法院長の秘書役をやったという言いがかりを付け、無罪にさせようという魂胆です。暴力団並の難癖です。

Next: 韓国は信念過剰で現実を見ていない?韓国経済を貶めた最低賃金の大幅引き上げ

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい