fbpx

仮想通貨の普及に使われたビットコインと、発行準備が整うIMFの世界デジタル通貨

ビットコインがその役割を終え、いよいよIMFが世界通貨のリセットと入れ替わりに「世界統一通貨の誕生」に本腰を入れると表明しました。その経緯と目的を解説します。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※編注:初出時よりタイトルを変更しております(12月17日10:30)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2018年11月29日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

なぜラガルドは暗号通貨を売り込む?基軸通貨ドルに寿命が迫る…

2014年、ダボス会議で「国際通貨リセット」がエリートたちに共有された

2014年1月下旬、スイスで開かれた「ダボス2014」で、国際通貨基金(IMF)専務理事、クリスティーヌ・ラガルドが驚愕の言葉を発しました。

(世界経済を持続的に発展させるためには)国際通貨のリセットは避けて通れない

彼女が、世界最大の経済フォーラム「ダボス会議」で、正式にこのようなコメントを出したのは、この時が初めてでしょう。

国際通貨…つまり、IMFは、基軸通貨であるドルを終わらせるか、ドルの基軸通貨としての力を減衰させることによって、ドルに代わる新しい基軸通貨を切望しているのです。

ダボス会議とは、世界経済フォーラムの年次総会の別の呼び名で、世界中から、国家元首クラス、トップクラスの政治リーダー、その国の通貨をコントロールしている金融エリートたちが一堂に会して、「地球規模の連携の下、世界情勢の改善に取り組む」ことを目的として、毎年1月下旬にスイスのダボスで開かれるグローバリスト、つまり、世界政府主義者のための“魅惑の夜会”のことです。

世界経済フォーラムは、ビルダーバーグ会議と並んで、世界政府の樹立を目指しているグローバル・エリートたちが、未来の地球の設計図について話し合う最大規模の会合として知られています。

しかし、ビルダーバーグ会議の参加メンバーが、欧州の王族・貴族の血流につながる人々で占められ、北米とヨーロッパの支配権を彼らの血流内で永続的に継承させようとしているのに対して、世界経済フォーラムは、世界経済の運営に関して多岐にわたる分野の問題について議論するための会議であるということから、より開放的です。

今年は欠席した日本の安倍首相と閣僚たち

世界経済フォーラム総会の「ダボス会議」で決まったことは、世界経済の運営方針そのもので、全世界の政界、経済界、学界の重鎮たちが、その流れに沿って努力することを確認する場でもあるのです。

もちろん、日本の首相や日銀総裁、財務大臣や他の閣僚も、毎年参加する恒例行事となっているわけですが、どうしたことか、今年1月23日開幕のダボス会議には、安倍首相と閣僚たちは参加を見送りました

いっぽう、ビル・クリントンに次いで、同会議に現職の米大統領として参加する2人目の大統領となったドナルド・トランプは、「グローバル・エリートのコンセンサスのすべてが間違いである」と言うために参加したとか。

おそらく、西側のエリートで結束した国際会議において、挑戦的なスピーチをする米国の大統領は、後にも先にもトランプだけでしょう。

ダボス会議における世界経済の運営方針に関するコンセンサスは、ビルバーバーグ会議で、その舵取り役を誰にするかで、どのように具現化されるのか決まってきます。

官僚や政治家が、特殊な血流を持つ欧州の王族と貴族の秘密の会合、ビルダーバーグ会議に招かれるということは、次の大統領、あるいは首相候補ということになります。

その際に、“船頭多くして船山に登る”と言いますが、世界を計画的に混乱させながら、彼らの目的に収斂させていこうとするときは、同じような政治信条を持つ人物を選んで、まさに群雄割拠を演出することがあります。

あるいは、“呉越同舟”のたとえのとおり、敢えて、グローバリズムと反グローバリズムを衝突させて、敵と味方にくっきり峻別するようにして対立軸を構築し、戦争の恐怖を極限まで煽りながら世界の人々を1つの方向に誘導しようとする場合もあります。この戦略の下で選ばれたのがトランプとマクロンです。

「基軸通貨としてのドル」は寿命が迫っている?

しかし、ラガルドが主唱している「国際通貨のリセット」については、こうしたことを考慮する必要はありません。基軸通貨のドルの寿命が確かに迫っているからです。

ラガルドの悲壮な提案を受け取るように、国際決済銀行(BIS)のキーマン、ジェイミー・カルアナ(Jaime Caruana)が、「国際的な金融システムは、リーマン危機のときに警告されていたより、多くの面でさらに脆弱になっている」と、明らかな警告を出したことをテレグラフ紙が報じたことから、「国際通貨のリセット」は既定路線になったようです。

Next: ドルの後釜は仮想通貨なのか? 価値は投じられた広告宣伝費に比例する…

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい