fbpx

仮想通貨の普及に使われたビットコインと、発行準備が整うIMFの世界デジタル通貨

単なるデータにすぎないビットコインに熱狂する人々

2009年に登場したブロックチェーンとビットコインがもたらした非中央集権型の新しい通貨システムは、「匿名性の金融革命」と謳われました。

この暗号通貨を広めることによって、中央銀行システムの金融奴隷制度から人々を救い出すことができるかもしれないという先駆者たちの扇動に乗ったファンたちは熱狂の渦に巻き込まれていったのです。

その熱狂が人々の目を曇らせ、ビットコインが、実体のあるどんな価値にも支えられていない単なるデータに過ぎないという事実から目を背けさせたのです。

ビットコインは、2100万BTCを上限にそれ以上、発行されないようにプログラミングされていることから、その希少性がビットコインの価格を支えていると考えた投機家たちによって、価格は右肩上がりに上昇していきました。

そんな矢先に、ビットコイン交換所であるマウントゴックスが「何者かによる」ハッキングを受けて瞬間的に無価値同様の価格に引き下げられてしまったのです。

人々はこの段階で気づくべきでしたが、この事件はかえってビットコインを有名にしてしまったため、人々の投機熱を逆に煽る結果となったのです。

そして、ビットコインの価格は放物線を描くようにV字回復し、2017年暮れの200万円突破まで一気に駆け上がっていきました。

この急激な価格上昇は、人々が冷静になってビットコインの価値の裏付けについて正しい議論をする機会を奪ってしまいました。

「匿名性」すらも幻想だった

しかし、高度なプログラミングの知識があれば、誰でもビットコインと同じ属性を持つ暗号通貨を空気中からつくることが可能であることが分かったとき、人々の間では暗号通貨に疑問を抱く人たちが目立ち始めました。

度重なるハードフォークは、それを証明することとなり、ビットコインの希少性に由来する価値の基盤は脆くも崩れ去ってしまったのです。

それだけでなく、今日では、誰にも打ち破ることができないとされてきたブロックチェーンの分散型台帳に基づく暗号化が追跡可能であることが分かっています。

ビットコインにどれほど精通していようとも、もはや匿名性のデジタル通貨は存在しないことが分かったのです。

ビットコインの価値は投じられた広告宣伝費に比例する

それでもビットコイン信者たちは、ダッシュ(DASH) 、モネロ(Monero)、ジーキャッシュ(Zcash)などの匿名性通貨は今後も続くと考え、そのボラティリティーの高さに期待しているのです。

しかし、これまでの暗号通貨は、実は通貨ではなく「暗号資産」として法的に再定義されても、また、量子コンピュータの登場によって、一瞬にしてマイニングが終了してしまうことが分かっても、ファンにとっては、やはり「通貨」なのです。

本当にビットコインを価値を決めた唯一の属性は、その希少性でも匿名性でもなく、ブランディングの成功とその周囲で展開された誇大宣伝の量だったのです。

Next: なぜラガルド氏は暗号通貨を売り込むのか? エリート達が望む世界とは…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー