fbpx

億り人は株価暴落でほくそ笑む。いつでも買いに動ける「元手」を貯める秘策とは?=栫井駿介

長期投資で「億り人」になった人は、どのような経緯で実現できたのでしょう。今回は、億の資産をつくるために必要な準備について解説。つばめ投資顧問代表・証券アナリストとして活躍し、マネーボイスの人気著者でもある栫井駿介氏の連載『誰でもバフェット投資術 ~ バイ・アンド・ホールドで人生100年時代の資産を築く』第6回をお届けします。

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

できるだけたくさん投資するために、とにかく元手を確保せよ!

元手もなしに億り人を目指すのは、勉強せずに東大を目指すのと同じ

投資で成功する秘訣とは何でしょうか。投資に関する本を眺めてみても書かれていることは千差万別であり、いまだ完璧な方法は見つかっていないようです。

ただし、少なくとも長期投資において成功するための必要条件があるとすれば、それは元手がなければ資産を大きくすることはできないということです。株式投資はいくらからでも始められますが、10万円をいきなり1億円にするのは限りなく不可能に近いと言えるでしょう。

投資で一億円以上の資産を築いた「億り人」と呼ばれる人たちも、すべからくかなりの元手を準備して投資を行っています。元手もなしに「資産が増えない」と嘆くことは、勉強せずに東大に受かりたいと言っているようなものです。

「四分の一投資法」で元手を貯める

そんなことを言ったら自分はお金持ちとは縁がないと諦めてしまう人もいるかもしれませんが、それは違います。あなたに平均程度の収入があれば、今からでも努力次第で億万長者を目指すことはできます。

明治から昭和を生きた本多静六という大学教授がいました。彼は一介の勤め人である大学教授という立場でありながら、現在の価値にして数百億円の資産を築いたことで有名です。決して裕福な家庭で育ったわけではなく、むしろ多くの家族・親戚を養わなければならなかったことから貧乏生活を送っていました。

貧乏な生活を抜け出すために彼は一念発起し、収入の四分の一を投資のための元手に貯めることを決心しました。これを務めはじめから行っていますから、大卒初任給を基準にすると、月収20万円のうち5万円を貯蓄し、残りの15万円で生活していたということです。

現代の平均的な年収を400万円とすると、四分の一投資法を実践すれば毎年100万円を投資に回すことができます。逆に考えると、残りの300万円で1年間をすごせればそれなりの元手を貯めることができると言えるでしょう。

Next: 実際に投資をはじめる前に、まず確認しておくべきこととは

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい