fbpx

特定秘密保護法と安倍内閣の「政治主導」~議事録はどこへ消えた?=不破利晴

官僚たちも辟易?安倍内閣の倒錯した「政治主導」

特定秘密保護法は官僚のための法律であるようなことが頻繁に叫ばれてきたが、案外、官僚たちもこの法律には辟易としているのではなかろうか。であれば、これを主導したのは官僚ではなく官邸ということになる。そうなると、その主導とは極めて歪で倒錯したものであったあはずだ。

安倍政権は内閣法制局の人事にまで介入し、政権寄りの人物を長官に据えた経緯がある。

官僚は人事がすべてである。長官に抜擢された者も、おいしい餌を与えられながら安倍政権になお一層懐柔されたことだろう。そのことが特定秘密保護法を現実化することに大いに追い風となってしまった。

民主党が政治主導を発揮できなかったアマチュア集団だったことに対して、現在の自民党は政治主導を発揮しているように誤解されるかもしれない。

しかし、それが仮に政治主導であっても、それは倒錯した政党主導であることは言うまでもない(そもそも、憲法に抵触する法案を連発することが政治主導と
言えるのかは大いに疑問である)。

このような内閣法制局の体たらくでは、瀬畑氏に指摘されるまでもなく、後になって情報公開を要求したとて、情報を公開するにも公開できないことになる。そんな議事録がないような法案が益々増えてゆくだろう。

果たしてこれが近代民主国家と言えるのだろうか。私は公文書すら管理できない国はまともな国ではないと考えている。

【関連】無防備すぎる日本の原発と「核テロリズム」の危険性=不破利晴

【関連】あなたの仕事人生を灰色にする「お金の罠」~ごほうびの心理テスト=ゆうきゆう

【関連】上級国民のための安倍政治、上級国民のためのTPP=九州大学准教授・施光恒

【関連】日本成長の切り札。安倍総理に消費増税を凍結する覚悟はあるか?

【関連】甘利大臣「ここが正念場」のカン違い根性論で日本の貧困が加速する=三橋貴明

1 2 3

インターネット政党が日本を変える!』(2015年12月1日号)より
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

インターネット政党が日本を変える!

[月額540円(税込) 毎週火・木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「あなたにとってハッピーな世の中とは、どのようなものですか?」驚かせてすみません。私は不破利晴と申します。私は、元駐レバノン特命全権大使・天木直人氏と共に、「インターネット政党」の成功に向けて活動しています。インターネット政党『新党憲法9条』のWebサイトをつくり、日々の運用管理をしています。想像して欲しいことがあります。→「毎日働き詰めで辛くありませんか?」→「生きることに目的を見失って辛くありませんか?」→「あなたにとってハッピーな世の中とは、どのようなものですか?」インターネット政党の主役は「あなた」です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー