fbpx

体育会系なムードが面白い!ビックカメラの株主総会に行ってきた=平林亮子

私が持っている家電量販店の株は、ビックカメラ<3048>のみ。家電量販店のランキングを見ていたら、他の量販店の株主総会にも行ってみたくなりましたが、今回は、ビックカメラの株主総会のお話です。(『平林亮子の晴れ時々株主総会』

ビックカメラ株主総会レポート

家電量販店と言えば?

街はすっかりクリスマス一色になってきましたね。百貨店や家電量販店も、クリスマス商戦で盛り上がっていました。百貨店では、おせち料理などのお正月商戦でも盛り上がっているようでしたが。

先日も、有楽町のビックカメラに立ち寄ったのですが、おもちゃからお酒まで、もはや「家電」量販店の域を超え、あらゆるものが手に入るお店となっています。私自身、有楽町のビックカメラでコンタクトレンズも薬も購入していますが、本当に便利で助かっています。

ところで、「家電量販店」といえば、私は断然、ビックカメラなのですが、全国的には、そうではないらしいですね。

Jタウンネットが2015年7月24日から9月28日までの67日間、「家電量販店といえばどこ?」というテーマでアンケートを実施したところ、全国の587人の読者の投票結果は、以下のようになったそうです。

1位: ヨドバシカメラ
2位: ヤマダ電機
3位: ケーズデンキ
4位: ビックカメラ(コジマを含む)
5位: 上新電機

みなさんにとって、家電量販店といえばどこですか?住んでいる地域によっても、変わるのでしょうね。

ちなみに、上記5店(5社)のうち、ヨドバシカメラ以外は上場企業です。ヨドバシカメラといえば、テレビCMも有名な企業ですし、知名度は抜群なので上場企業でないことに驚いてしまいます。

なお、上記5社で売上が一番多いのはヤマダ電機で圧勝です。

売上高ランキング(決算短信より。ヨドバシカメラはウェブサイト掲載情報)
1位: ヤマダ電機 1兆6,643億円(2015年3月期)
2位: ビックカメラ 7,953億円(2015年8月期)
3位: ヨドバシカメラ 6,908億円(2014年3月期)
4位: ケーズデンキ 6,371億円(2015年3月期)
5位: 上新電機 3,723億円(2015年3月期)

ヨドバシカメラは、2014年3月の金額なので、最新データでは順位が入れ替わる可能性があるものの、上記の順位が大きく変動することはないでしょう。いずれにしても、ヤマダ電機のすごさは一目瞭然です。ただし、これが経常利益となると、少し順位が入れ替わってきます。

経常利益ランキング(決算短信より。ヨドバシカメラはウェブサイト掲載情報)
1位: ヨドバシカメラ 531億円(2014年3月期)
2位: ヤマダ電機 355億円(2015年3月期)
3位: ケーズデンキ 258億円(2015年3月期)
4位: ビックカメラ 204億円(2015年8月期)
5位: 上新電機 66億円(2015年3月期)

こうして見ると、ヨドバシカメラの利益率の良さが浮き彫りになりますよね。もしかすると、上場していないために、売上高を大きくすることへのプレッシャーが少ないことと、管理コストが少なくて済むことが、利益率を大きくしているのかもしれません。

ヨドバシカメラが上場するという噂もあるようですが、家電量販店の中でのこの利益率の高さを維持できるのであれば、面白い銘柄となるのではないでしょうか。

また、株主として応援するなら、どこの量販店か、という視点で店舗を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

ビックカメライズム

私が持っている家電量販店の株は、ビックカメラのみ。家電量販店のランキングを見ていたら、他の量販店の株主総会にも行ってみたくなりましたが、今回は、ビックカメラの株主総会のお話。

ビックカメラの株主総会がとてもユニークであることは、以前もふれました。今年は、実は、前回ほどの感動はなかったのですが、相変わらず体育会系の雰囲気が漂う株主総会でした。

会場は、階段状にイスが設置されたホール。前回と場所は異なりましたが、前回も同様のホールでした。会場に着くまでの案内の方々のあいさつも、前回同様ハキハキしていて元気!

定刻になると、舞台上に、役員などの登壇者が2名ずつ、礼をして入ってきます。もちろん、席に座る前にも一礼。動作がきびきびしています。

Next: 「自分が答えます!」体育会系のハキハキ進行/注目の女性監査役

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい