fbpx

アメリカ大統領すら震え上がらせた「米FBIの諜報活動」を語ろう=不破利晴

次のターゲットはヒラリーの対抗馬、サンダース上院議員か?

ちょうどアメリカ大統領の予備選が始まったばかりだが、ヒラリー・クリントンの対抗馬、バーニー・サンダース上院議員は自ら「社会主義者」であることを堂々と定義している。

私が心配しているのは、無論彼が常軌を逸した盗聴、監視の対象になっているだろうことだ。本人もそれを重々承知しているだろうが、いよいよヒラリーが負けそうになった場合、サンダースのスキャンダルが待ったましたとばかりに暴かれそうな気がしている。

アメリカは、まあ、そんなお国柄なのである。

【関連】東芝と小沢一郎~「日本の基幹企業」が潰れない政治的カラクリ=不破利晴

1 2 3

インターネット政党が日本を変える!』(2016年2月4日号)より
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

インターネット政党が日本を変える!

[月額540円(税込) 毎週火・木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「あなたにとってハッピーな世の中とは、どのようなものですか?」驚かせてすみません。私は不破利晴と申します。私は、元駐レバノン特命全権大使・天木直人氏と共に、「インターネット政党」の成功に向けて活動しています。インターネット政党『新党憲法9条』のWebサイトをつくり、日々の運用管理をしています。想像して欲しいことがあります。→「毎日働き詰めで辛くありませんか?」→「生きることに目的を見失って辛くありませんか?」→「あなたにとってハッピーな世の中とは、どのようなものですか?」インターネット政党の主役は「あなた」です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー