fbpx

プーチンが直接指示?放射性物質「ポロニウム茶」による暗殺の手口=不破利晴

1月22日、衝撃的なニュースが駆け巡った。2006年11月、ロシア連邦保安局(FSB)のアレクサンドル・リトビネンコ氏が何者かによって毒殺されるという事件が起こったのだが、これにプーチン大統領が関与し暗殺を承認していたという疑惑である。(『インターネット政党が日本を変える!』不破利晴)

英調査報告「恐らくプーチン大統領が殺害を承認した」

「放射性物質入り茶」によるリトビネンコ氏暗殺に新展開

「放射能は五感では感じられない」とよく言われます。しかし放射性物質も物質である以上、重さもあるし、形もあります。目で見ることも、触ることも、場合によっては臭いを感じることすらできるものです。ですが、これらの放射性物質が五感で感じられるほど身近にあるとすれば、人は生きていられません。

そればかりか、特殊な装置がないと計測できないほどのわずかな量で、十分に人を殺すことができます。2006年11月23日、旧KGB、ロシア連邦保安庁(FSB)の職員だったアレクサンドル・リトビネンコさんがロンドンで毒殺されました。毒として使われたのは「ポロニウム210」という放射性物質です。

おそらく食べ物や飲み水に混ぜられたのでしょうが、リトビネンコさんはポロニウムの「味」を感じることなどできなかったでしょう。用いられた量は「100万分の1グラム」にも満たない量のはずだからです。

出典:小出裕章『原発のウソ』(扶桑社新書)

1月22日、衝撃的なニュースが駆け巡った。2006年11月、ロシア連邦保安局(FSB)のアレクサンドル・リトビネンコ氏が何者かによって毒殺されるという事件が起こったのだが、これにプーチン大統領が関与し暗殺を承認していたという疑惑である。

2016年1月22日付 東京新聞 第3面

2016年1月22日付 東京新聞 第3面

報道によれば、リトビネンコ氏は放射性物質ポロニウム入りのお茶を飲み、約3週間後に死亡したとある。

この事件の容疑者として名前が挙がっているのは、事件の時にホテルでリトビネンコ氏と接触した旧ソ連国家保安委員会(KGB)元将校のルゴボイ氏と旧ソ連軍高官のコフトゥン氏の両名である。

彼らについては、既に2007年時点でイギリス検察当局が殺害の実行犯と断定し身柄の拘束を求めていたが、ロシア政府当局は「憲法で認められていない」として2人のイギリス政府への引き渡しを拒否していた。

Next: プーチンも関与「ロシアの国家的犯罪」は世界に波紋を広げるか

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい