fbpx

市場の反応冷ややか。黒田日銀「恥の上塗り緩和」はどこまで効くか=近藤駿介

「マイナス金利」に踏み込む1週間前に「重要なことは中央銀行の物価目標への強いコミットメント、何でもやるということだ」と豪語した黒田日銀総裁。しかし、目標達成に対して間違った方向に向かって「何でもやる」のでは意味がない。

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるメルマガ『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』がまぐまぐ大賞2015メディア賞を受賞。

バズーカは空砲と気づいた市場の「黒田売り」が始まる

「補完措置」「マイナス金利」は市場から大きなしっぺ返し

このような「政策当局が救ってくれる」という甘ったれた考えを持つ市場参加者が増えてきていることが、現在の金融市場が抱える大きな問題点。

これまで幾度も大規模な追加緩和で円高・株安を食い止めてきた黒田総裁も、かつてのグリーンスパン議長のように金融市場を支えてくれるのではないか──。こんな期待が市場で広がっているという。

出典:円高で広がる「黒田プット」への期待 – 5日付日経電子版

「これまで幾度も大規模な追加緩和で円高・株安を食い止めてきた」とあるが、実際には2014年10月31日の追加緩和時の1回に過ぎない。

今年になって打ち出した「補完措置」も「マイナス金利」も、空振りどころか市場から大きなしっぺ返しを喰らっているのは周知の事実。

オプション市場では円高進行と追加緩和を組み合わせた取引も広がっているようだ。例えば115円を超える円高が進んだ場合に日銀が追加緩和に踏み切り、その後は一気に120円まで円安が進むというシナリオを考えた場合、115円を超えた場合にだけ117円台で円買いできる権利が発生する条件を組み込んだオプションをあらかじめ大量に仕込んでおく。実際にその通りに相場が動けば、差額分がもうけになる。

出典:円高で広がる「黒田プット」への期待 – 5日付日経電子版

黒田総裁が「中央銀行の歴史の中でおそらく最も強力な枠組み」だと称する、伝家の宝刀「マイナス金利」による円安効果が2~3日しかもたないことを知ってしまった市場が、黒田総裁による「恥の上塗り追加緩和」を好感すると考える方が無理がある。

「マイナス金利」に踏み込んだ1週間前に、「重要なことは中央銀行の物価目標への強いコミットメント、何でもやるということだ」と豪語した黒田日銀総裁。

しかし、目標達成に対して間違った方向に向かって「何でもやる」のでは意味がない

大阪に行きたいのであれば東海道を下って行けば歩いてでも到達することができる。しかし、東北方面に向かって新幹線に乗っても目的地の大阪に着くことはできないのと同じ。

八戸まで来てしまった黒田丸が、「大阪に行くために何でもやる」といってスピードを上げたところで何の意味もない。

「115円を超えた場合にだけ117円台で円買いできる権利が発生する条件を組み込んだオプション」というのは、円高・ドル安に賭けたポジションを持っている投資家が、自律反発による損失を防ぐためのヘッジポジションを作る際に使う一つのテクニックでしかない。

その裏にあるのは「黒田バズーカ」は空砲であるという認識に基づいた「円高ポジション」であることを忘れてはならない。

「黒田プット」の意味は「これまで幾度も大規模な追加緩和で円高・株安を食い止めてきた黒田総裁」に期待したものから、純粋に「黒田売り」になって来たと解釈した方が賢明だ。

【関連】日銀「マイナス金利」6つのポイント~円安を招くがデフレには効果なし=吉田繁治

【関連】異次元緩和は失敗だった。クルーグマンの『Rethinking Japan』を読む=吉田繁治

近藤駿介~金融市場を通して見える世界』(2016年2月5日号)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

近藤駿介~金融市場を通して見える世界

[無料 ほぼ 平日刊]
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動してきた近藤駿介の、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるマガジン。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー