fbpx

日経平均は58円65銭安、安寄りのなか材料株物色が活発化。好業績の注目個別銘柄は?(8/21)

日経平均は58円65銭安の2万618円57銭で終了。18年12月東証マザーズに新規上場し、調整一巡とみられる自律制御システム研究所の銘柄分析を紹介します。(『日刊株式投資情報新聞』)

日経平均は反落するが大引けにかけて次第に持ち直す

【株式市場】

日経平均は2万618円57銭(58円65銭安)、TOPIXは1,497.51ポイント(9.26ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億129万株。

8月21日(水)後場の東京株式市場は、ソニー<6758>(東1)が東京電力HD<9501>(東1)の東京電力エナジーパートナー株式会社などとのメガワット級太陽光発電設備計画や、ヤマハ発動機<7272>(東1)とのエンターテインメント用車両の共同開発などが材料視されて一段高となり、材料株物色が活発化した。日経平均は83円高で始まり、徐々に下げ幅を縮めて推移し、朝方の194円安から見れば小反落にとどまった。東証マザーズ指数は小高い。

後場は、サイバーエージェント<4751>(東1)が一段とジリ高になり、JPモルガン・アセットマネジメントなどの大量保有報告書が材料視され、7月29日上場のブシロード<7803>(東マ)は一段高となり連日上場来の高値。アテクト<4241>(JQS)は半導体材料の韓国向け輸出などが材料視されたとの見方で急伸。

東証1部の出来高概算は9億129万株(前引けは4億4,886万株)、売買代金は1兆5,863億円(同7,796億円)。1部上場2149銘柄のうち、値上がり銘柄数は384(同307)銘柄、値下がり銘柄数は1,704(同1,752)銘柄。

また、東証33業種別指数の中で値上がりした業種は、前引けと同様にゴム製品1業種のみだった。

Next: 調整一巡の自律制御システム研究所、IPOの落ち着きどころを探る段階

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい