fbpx

米ROKUが、レッドオーシャンの動画サービス業界で順調に成長を続ける理由とは?=八木翼

イールドカーブが反転してNYダウは調整中です。そんななか、現在保有している銘柄のなかで圧倒的に利益を出しているネット動画配信で成長するROKUを深堀します。(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

※『バフェットの眼(有料版)』では、読者からのリクエストも踏まえ、毎号さまざまな企業を詳しく分析しています。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

Netflix、Amazonなどがしのぎを削る動画サービス業界

リセッションして暴落するまで株を買うのは待つべき?

イールドカーブが反転して投資家の皆さんは不安かと思いますが、現在、米国経済はそこまで悪い指標は出ていません

個人的にはドル円についてはヘッジをすることで円の暴騰から身を守っていますが、米経済についてはそこまで心配していません。40%程度の確率で不況が来るという感覚です。

リセッションが近いということで、リセッションして株が大暴落してから買えばいいという方も多いと思いますが、リーマンショックを最初から最後まで経験した私から言わせてもらうと、「何寝ぼけたこと言ってるの?」と思ってしまします。

というのも、株が大暴落した時は、「まだ下がるんじゃないか?」「経済はもう回復しないんじゃないか?」「このまま中国が世界のトップになってしまうのでは?」という不安が渦巻いていて、「株を買う奴は本当に馬鹿」という身もふたもない状況でした。

今買えないようでは、一生買えないと思います。

ただ、イールドカーブが反転し、確かに景気は悪くなりそうです。検討なしで株は購入しないほうがいいと思います。

さて、話は逸れてしまいましたが、今日はROKUについて深堀して解説していこうと思います。

私が、現在保有している米国株の中で圧倒的に利益を出しているのが、Rokuです。

私はRokuが既に話題になり始めてから購入していますが、購入してから50%程も上昇しています。恐ろしい株式ですよね。

それでは、Rokuとはどんな会社なのか見ていきたいと思います。

ROKUって何をやってる会社?

皆さんは、AmazonPrimeVideoを見ているでしょうか?もしくはネットフリックスなんかを楽しんでいますか?私はどちらも使える状態です。

そして、根本的な話をするとROKUもそういった動画を提供するサービスを運営しています。

ではなぜ競合ひしめくネット動画配信で、ROKUはニョキニョキと事業を成長させているのでしょうか?主な理由は、以下の3つです。

1.中立性
2.デバイスを組み込み
3.無料動画

ひとつずつ説明していきましょう。

Next: 動画サービスROKUが、レッドオーシャンで成長を続ける理由とは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい