fbpx

米中貿易戦争の裏で着々と進む、中国の宇宙侵略…カギを握るのはファーウェイだった=山田健彦

中国と香港、台湾、韓国と日本、北朝鮮の中国依存からの脱却問題など。東アジアを取り巻く問題が目立つようになりました。これらを詳しく見ていきましょう。(『資産1億円への道』山田健彦)

韓国、香港…東アジアを取り巻く問題が表面化。真夏の怪談特集

東アジアのバルカン半島化?

バルカン半島は古来からヨーロッパの火薬庫と呼ばれてきましたが、昨今は「東アジアのバルカン半島化」も危惧されています。

中国と香港、台湾の問題
韓国と日本、北朝鮮、中国の問題
中国の南シナ海領有権主張問題
日本と韓国の問題
北朝鮮の中国依存からの脱却問題等々

これらの地政学的リスク懸念から、日本でも金価格が円建てでも上昇しています。
※参考:NY金(ゴールド), 東京金ロングチャート‐楽天証券

従来は金価格がドル建てで上昇するときは円も対ドルで上昇していたので、円建の金価格は実際のところそれ程は上昇することはなかったのですが、今回は少し状況が変わってきているようです。

まずは「中国と香港、台湾」の問題から

台湾の経済パワーを中国のさらなる発展に組み入れたい、という理由から中国はさまざまな圧力や懐柔策を台湾に対して行っています。

アメリカも台湾海峡で海軍の船を定期的に航行し、台湾の現政権を背後からバックアップ。時には欧州の軍艦も台湾海峡を通過し、中国の台湾武力制圧作戦を牽制しています。
※参考:フランス軍艦、台湾海峡を航行 中国が抗議申し入れ‐AFP BBB NEWS(2019年4月25日公開)

そのような中、香港で犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」の改正案に反対するデモが起きました。

直近のニュースでは中国人民解放軍が深センに集結しつつあり、武力鎮圧も辞さない状況と報じられていますが、そうなると台湾の人々も「やはり中国と一緒になるのは怖い」という方向に傾き、来年1月に迫った台湾総統選挙では親中派候補が圧倒的に不利になることが予想され、できれば中国も直接手出しはせず、香港内で事態を解決させて欲しい、というのが本音のようです。

香港の行政長官が「逃亡犯条例」成立への不手際から、習近平主席に内々に辞意を表明したものの「辞意は認めない。自分の責任で何とかしろ」と突き放されたという噂もあります。

Next: 韓国を取り巻く東アジアの現状

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい