fbpx

新規上場後、株価も業績も好調なレオクラン。新事業の創出で開発すべきサービスとは

レオクラン<7681>は、10月2日東証2部に新規上場しました。同社の株価は、公募価格2,700円に対して初値は+8.15%の2,920円をつけました。(イノベーションの理論でみる業界の変化

本記事は『イノベーションの理論でみる業界の変化』2019年10月24日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山ちゃん
東京でシステムエンジニアおよびITコンサルタントとして大企業の情報システム構築に携わったあと、故郷にUターンし、現在はフリーで活動。その後、クリステンセン教授の一連の名著『イノベーションのジレンマ』『イノベーションへの解』『イノベーションの最終解』を読んで衝撃をうけ、イノベーションをライフワークとしている。

初値は公募価格から8.15%上昇し、2,920円でスタート

レオクランをジョブ理論の視点からみる

株式会社レオクラン<7681>(以下、同社)は、2019年10月2日東証2部に新規上場しました。業務内容は、医療機器・医療設備・医療情報システムの販売、医用画像を遠隔で診断し情報提供する遠隔画像診断サービス、介護・福祉施設向け給食サービスです。

同社の株価は、公募価格2,700円に対して初値は2,920円をつけました。差異率は+8.15%と値をあげました。なお、10月23日時点の株価は4,920円です。

クレイトン・M・クリステンセン他『ジョブ理論』(ハーパーコリンズ・ジャパン)によれば、この理論はクリステンセン教授たちが長年の歳月を費やして練り上げたもので、次の新しい機会を見つける方法を示し成長のための筋道を明らかにするだけでなく、イノベーションを予測可能にし、その効果は、アマゾンのジェフ・ベゾスらによっても確認されているといいます。

では、このレンズを通して同社のビジネスモデルを眺めると何がみえてくるのでしょうか。これはまたある意味において、イノベーションを生み出すための「思考実験」だともいえます。

ビジネスモデルの特徴

同社グループはメディカルトータルソリューション事業、遠隔画像診断サービス事業、給食事業の3つの事業を展開しています。

メディカルトータルソリューション事業は、医療機関、予防・検診施設および介護・福祉施設等を顧客とし、医療機器、医療設備および医療情報システムの受注販売、付帯する保守・メンテナンスサービス並びに建築内装工事および医療設備工事を請負い、その対価として収益を得ます。

遠隔画像診断サービス事業は、医療機関を顧客とし、そこで撮影されたCTやMRIなどの医用画像を遠隔で診断して情報を提供し、その対価として収益を得ます。

給食事業は、介護・福祉施設等へ給食を提供し、その対価として収益を得ます。

ビジネスモデル的にみれば、いずれの事業のそれも、未完成または不完全な事物を高付加価値の完成品──医療機器、医用画像の読影結果、給食など──へと変換する価値付加プロセス型事業です。

同社グループは、対処すべき課題の一つとして「新規事業の創出」を、事業等のリスクとして「事業環境等について」「法的規制について」「信頼性の低下について」「代表取締役社長への依存について」等をあげています。

Next: レオクランが今後、成長するために取り組むべき課題とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい