fbpx

ソフトバンクGはいま買えるのか?バリュー株投資家に求められるのは「ドM気質」=栫井駿介

WeWorkへの出資がつまずき、ソフトバンクグループ<9984>の株価が下落しています。今回は、同社の実態とビジョン・ファンドの投資の是非について考えます。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】ソフトバンクGが1兆円の金融支援を行うWeWorkとは、いったいどんな会社なのか?=栫井駿介

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

WeWorkで問題噴出…ソフトバンクGの株価はどこまで下がるか

ソフトバンクは「投資会社」

「ソフトバンク」と言うと、多くの人が携帯電話会社を思い浮かべるかもしれません。しかし、子会社の携帯電話会社は上場し、親会社が行っているのはもっぱら「投資事業」です。

2017年に10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を立ち上げ、すでにその2号ファンドの設立も発表されています。国家予算レベルの投資をバンバン実行しているのです。

ファンドでは、有望なITベンチャーに投資することで、将来的な売却益を見込んでいます。孫正義氏がこれに熱中する契機となったと考えられるのが、中国アリババへの投資です。20億円の投資が5兆円、IPO時点で2,500倍にも化けました。

その他にも、最近ではライドシェアのUberなどの成功例があります。投資の成功を重ね、世界を股にかけた「ソフトバンク帝国」を築こうとしているのです。

ビジョン・ファンドの不安要素

しかし、投資先の一角であるWeWorkのずさんな実態が明らかになると、「ビジョン・ファンドは本当に大丈夫なのか?」という疑念が投資家の間に湧いてきます。株価は大きく値下がりしました。

ソフトバンクグループ<9984> 日足(SBI証券提供)

ソフトバンクグループ<9984> 日足(SBI証券提供)

このような時に、投資家としては一度冷静になって他の投資先について調べてみる必要があります。以下は、ソフトバンクの決算説明資料です。

出典:ソフトバンクグループ 2020年3月期第1四半期決算説明資料

出典:ソフトバンクグループ 2020年3月期第1四半期決算説明資料

「ByteDance(バイトダンス)」は動画アプリのTikTokを運営する会社、DiDi(滴滴)とGrab(グラブ)はそれぞれ中国、東南アジアのUberです。WeWorkはその一角を担う重要な投資先だったのです。

Uberはすでに上場しましたが、赤字経営が続き、株価は下落しています。ここの動向次第で、同じライドシェアのDiDiやGrabも大きな影響を受けるでしょう。

gazou2

【関連】超大型上場のウーバー、なぜ株価は不調?脱却困難な赤字経営と、自動運転がもたらす希望=栫井駿介

また、バイトダンスのTikTokは、勢いはとてつもない一方で、ブームが定着するのか、どのように収益化するかなど不透明な部分があります。

これらの状況を見ても、ビジョン・ファンドの投資に「盤石」なところはあまりないと見られます。

もっとも、未上場企業への投資とは、有象無象の中から1社でも爆発的に伸びるものがあればようやくリターンが確保されるというものです。そのスリルが、リスクテイカーの孫さんにとってはたまらないのでしょう。

私は投資家として、ビジョン・ファンドを評価していません。それは不確かな部分が多く、そもそも中身がよくわからないからです。

Next: ソフトバンクグループは、とても買えない状況と言えるのか?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい