fbpx

リブラの発行は「リスキー」とザッカーバーグ氏も発言、デジタル通貨を発行する難しさ=久保田博幸

フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ」のサービスついて、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者が23日に米議会で稼働しないことを明言した(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

【関連】金融危機に耐えられない?リブラには備わっていない、中央銀行が持つ重要な役割とは=久保田博幸

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

フェイスブックのデジタル通貨、リブラの発行を阻むリスク

少なくとも、2020年発行の予定が遅れることは確かに

フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ」のサービスについて、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が23日に米議会で「米当局の承認が得られるまではすべての地域で始めない」と明言した(24日付日経新聞電子版)。
※参考:リブラ、20年前半開始難しく Facebookトップが議会証言‐日本経済新聞(2019年10月24日公開)

リブラについてはマネーロンダリング(資金洗浄)や、テロや犯罪の資金供給の手段となるといった懸念が以前から指摘されていた。先日の主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議でも、規制・監督上の課題が解決されるまで発行すべきではないとの認識で一致した。

米当局の承認を得ることはかなりハードルが高く、少なくとも2020年前半とされていた開始が遅れることは確かであろう。そもそも発行そのものも難しくなってきているのではなかろうか。

ザッカーバーグ氏も米下院公聴会で、「リブラ」を発行する計画が「リスキーだ」と述べ、通貨としての仕組みが複雑なため「稼働するか私も分からない」と言及したそうである(産経新聞)。
※参考:リブラ計画は「リスキー」 「稼働するか分からない」 ザッカーバーグ氏‐産経新聞(2019年10月24日公開)

ただし、ザッカーバーグ氏は中国が独自にデジタル通貨への取り組みを進めていることについて「リブラの構想を発表した直後に官民一体で同様のサービスを開発する方針を打ち出した。米国がイノベーションを主導しないと、金融におけるリーダーの地位が危うくなる」と指摘したそうである(日経新聞電子版)。

こうした意見に対しては一部の共和党議員が同調しており、トランプ政権もこのあたりは意識しているかもしれない。しかし、中国で同様のサービスが開始されても、それに競う必要はない。それがドルやユーロ、円などに取って代わるようなことは考えづらい。

ただし、それをきっかけに中国元のデジタル通貨が他の新興国などで流通してくる可能性もないわけではない。

中国が出すからといって、このままリブラの発行を認めることはやはり、リスクが伴う。

デジタル通貨という仕組みはこれからの通貨の仕組みを変えてくるかもしれないが、少なくとも民間が発行するものでは、本来の通貨としての役割を果たすことは難しいのではないかと思われる。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】個人投資家は大口の売買に逆らうな…機関投資家の売り買いを見極める歩み値の見方=山田健彦

【関連】ソフトバンクGも参入するか?ユニゾHDのTOB合戦で再注目される日本の不動産業界=武田甲州

【関連】100円から始められる…ビギナーの投資家デビューに最適なポイント投資サービスが増加=坂本彰

image by : Aleksandra Sova / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年10月24日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい