fbpx

消費増税をするタイミングは今回も悪かった…過去3回、その後の経済状況を振り返る=久保田博幸

過去の消費増税が行われたタイミングは、あまり良かったとは言い難い。1988年の竹下政権時に消費税法が成立して以降、これまでの消費増税後を振り返ってみたい。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

バブル真っ盛りに誕生した消費税、その後資産バブルが崩壊

翌年のバブル崩壊に続き、5%への引き上げ後は企業破綻が相次いだ

過去の消費増税が行われたタイミングはあまり良くなかった。今回も同様のように思われる。過去の消費増税時を振り返ってみたい。

1988年の竹下政権時に消費税法が成立し、1989年4月からは所得税や法人税などの大規模な減税と引き換えに3%の消費税が導入された。このときはまさにバブル真っ盛りであり、タイミングとしては悪くなかった。しかし、その後のバブル崩壊が起きることになるが、これは消費増税によるものではなく、あくまで資産バブルが崩壊したためである。

バブルの勢いは1989年末まで続き、日経平均株価はその年の大納会の大引けで3万8,915円を付け、これがそれ以降20年以上にわたる株価の最高値となった。

1997年4月に橋本内閣において、減税の財源として消費税の5%への引き上げが実施された。村山内閣で内定していた消費税等の税率引き上げと地方消費税の導入を橋本内閣が実施した格好となった。

この財政構造改革と消費税の導入が、その後の景気後退の要因とも指摘されたが、バブル崩壊後の金融システム不安などによる影響もあり、その影響だけを判別することは難しい。

1997年には企業の破綻が相次ぎ、7月4日に東海興業、7月30日に多田建設、8月19日大都工業、9月18日ヤオハンが会社更正法の適用申請を行った。11月に入ると金融システム不安が一気に表面化し、3日に三洋証券が会社更正法適用を申請、17日には都銀の北海道拓殖銀行が経営破綻し北洋銀行への営業譲渡を発表した。さらに24日には証券大手の山一證券が自主廃業を届け出、26日には徳陽シティ銀行が分割譲渡と金融機関が相次いで破綻したのである。これらは消費増税によるものではない。

1997年5月にタイの通貨バーツの暴落を皮切りに、アジアの新興諸国の通貨が連鎖的に暴落し、東アジア全域の経済が大混乱に陥いた。1998年5月には通貨ルーブルが急落したことでロシアの通貨危機が発生していた。

2014年4月1日に安倍内閣時に消費税は5%から8%に引き上げられた。このタイミングで何が起きたのか。

いわゆるアベノミクス相場は継続中であったが、ピークアウト感も出ていた。ただし、最もピークアウト感が強かったのが日銀の物価目標でもある消費者物価指数であった。消費者物価指数(除く生鮮、コア指数)は2014年4月に前年比プラス1.5%まで上昇幅を拡大させたが、それ以降は上昇幅を縮小させ、日銀の物価目標の2%から遠ざかることになった。

消費者物価指数の前年比での上げ幅縮小などは消費増税の影響との見方も出ていたが、アベノミクスによる円安株高の効果が後退しつつあり、消費増税の駆け込み需要の後退などが影響したとの見方もできよう。

そして今回であるが、米中の関税戦争の影響もあり、米国や中国だけでなく欧州などでの景気減速の懸念が強まっている。金融政策の正常化に向けて利上げをしていたFRBも利下げに舵を切り返している。10月1日に発表された日銀短観をみても企業の景況感は悪化しつつある。

これらからみて、タイミングとしては今回もあまり良くはないように思われる。軽減税率やキャッシュレス還元などの対策も講じられているものの、世界的な景気減速となれば、その効果も一時的なものとなると思われる。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】Suica離れが加速か。交通系電子マネーの冴えないキャッシュレス還元に消費者が失望=岩田昭男

【関連】消費税は上がり、給料は減った。みんなで貧困に落ちる日本人がやるべき30個の生活防衛策=鈴木傾城

【関連】消費増税でデフレ低成長経済は継続する…日本の経済成長がなかなか進まないワケ=炎

image by : West Coast Scapes / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年10月2日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー