fbpx

お金持ちと貧乏人は目線が違う? お金が貯まらない人の特徴とは=川畑明美

お金に余裕のない人の大半は、「目先のお金」のことしか考えていない傾向にあります。お金持ちと貧乏人は何が違うのか。お金を貯めるコツを解説します。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

お金を貯めるには時間がかかる。お金持ちと貧乏人の違いとは?

「お金に余裕のない人」の特徴

お金に余裕のない方は、「目先のお金」のことしか考えていない傾向が高いです。

わかりやすく言えば、その場しのぎでお金を使っている、ということ。

その場しのぎでは、いつまで経ってもお金の悩みを解決することはできません。

毎月ギリギリの生活をして、自転車操業のような状態では、お金に余裕が生まれることはありません。

お金を貯めるには時間がかかる

意外にも、高収入でも「目先のお金」しか考えられない方も多いのです。

お金が貯まるのには、時間がかかります。

生活費を切り詰めても、節約には限界があります。

なので、少額でもコツコツ積み立てるしかないからです。

例えると、ノドが乾いているのに、一滴しか出ない蛇口の水をコップ満タンになるまで待つことができずに、半分くらいで水を飲んでしまう状態です。

十分に貯まるまで我慢できずに使ってしまうので、いつもお金に困ってしまうのです。

お金持ちの人ほど、コップが満タンになるまで待って、さらにコップからあふれた水だけで生活できるように考えています。

つまり、資産から生まれる利益だけで生活をしているのです。

Next: 遅すぎる?「2年後の大学入学費用のために投資したい」に潜む危険

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい