fbpx

お金持ちと貧乏人は目線が違う? お金が貯まらない人の特徴とは=川畑明美

今が苦しくても「将来のお金」を考える

ご相談いただく中で、「2年後の大学入学費用のために投資をしたい」と言われることがあります。

しかし、運用期間が2年しかないのでは、投資を活用することはできません

もちろん投資をしたら増えるかもしれませんが、減ってしまう可能性もあるのです。

入学時に確実に資金を備えるには、2年前には利益を確定して現金化しておく必要があるのです。

大学に入学する時期は、子どもが生まれた時からわかるものです。

将来どうなるのか、わからないとしても、生まれた時からコツコツと貯めていけば、大学費用は準備できるはずです。

老後資金も同じです。年金生活に入る年齢は、ほぼ決まっています

仮に、今が苦しい状態であったとしても、将来のお金について考え、実際に対策を取っていくことが、お金に苦労しないための第一歩なのです。

【関連】60歳の4人に1人が「貯金100万円未満」の衝撃、老後格差が急速に拡大している=川畑明美

【関連】日本の貧困層は飢えずに太る。糖尿病患者の半数以上が年収200万円未満の衝撃=鈴木傾城

【関連】なぜ日本のシングルマザーは地獄なのか?約123万2,000世帯の半数が貧困=鈴木傾城

image by:Ned Snowman / Shutterstock.com
1 2

教育貧困にならないために』(2019年11月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー