fbpx

「年収1,000万円ビンボー」急増中!高所得者がハマりやすい3つの罠=栫井駿介

年収の20%を投資に充てよう

「年収1,000万円貧乏」にならないためにはどうしたら良いでしょうか。それは、所得ではなく資産に焦点をあてることです。それなりの金額の資産があれば、何かあっても金銭的に困窮することはないので、安心して生活することができます。

資産を増やすには、簡単に言うと3つの方法しかありません

  1. 所得を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 投資をする

ここでは年収1,000万円を前提としているので、所得については触れません。支出を減らして投資をすることがこの記事の本題ですが、あまりせこせこしたことを提案するつもりはありません。ケチケチしても、楽しい人生を送れないと考えるからです。

そこで、私が提案するのは「年収の20%を投資に充てる」ことです。それ以外の部分は自由に使っていいので、好きなことに遠慮なく使うといいと思います。

方法としては、まず年収の20%(200万円)を給与天引きで別口座に入れます。ここですぐに投資することはしません。なぜなら、投資はタイミングが重要であり、一番いいタイミングで投資を行うには現金を持っているのが一番いい方法だからです。

貯蓄をしただけでは、お金持ちになることは難しいです。毎年200万円を貯蓄したとしても、30年で6,000万円です。お金持ちを金融資産1億円とすると、まだ4,000万円不足しています。これを増やすには投資をするしかありません

投資には様々な方法がありますが、つばめ投資顧問ではバリュー株投資を推奨しています。あのウォーレン・バフェットも手掛け、長期の資産形成にはもってこいの手法です。この手法では、価値のある優良株に割安なタイミングで投資するので、保有したままでも資産価値は守られます。頻繁に売買をするのではなく、貯まったお金でまた次の割安銘柄に投資しながら資産を増やしていくのです。

【関連】資産2,000万円で「専業トレーダー」になったら将来どうなる?=矢口新

【関連】アベノミクス相場崩壊、3つの予測シナリオ~日経1万円割れ、1ドル90円も=斎藤満

【関連】愛の伝え方には5種類ある。すれ違いの原因にもなるLove Languageの違い=三浦茜

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2016年2月27日号)より一部抜粋

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー