fbpx

女性の老後「おひとり様」期間は平均5年、生活費はいくら不足する?=川畑明美

心配なのは「医療費」

ただ心配なのは、医療費です。

医療費の自己負担分は、年金世代だと上限は月5万7,600円です。これは世帯合算なので、おひとり様になると、医療費の負担はかなり大きくなります。

まず、健康でいられること。
さらに、1円でも多く年金額を増やすことです。

扶養を外れて働いたとしても、6年程度で元が取れると考えられます。

【関連】10万円給付を待ちわびる一般国民を尻目に、富裕層はもう大きなプレゼントを受け取っている=鈴木傾城

【関連】トランプが本気を出せば中国は秒殺される?香港市場がしぼんだら中国経済は息ができない=勝又壽良

【関連】「欧米経済はコロナで沈む」天才投資家ジム・ロジャーズが見据える次の覇権国とは=花輪陽子

【関連】また安倍政権「お友達優遇」資本主義? GDP、2次補正で2%押し上げは本当か=今市太郎

image by:fizkes / Shutterstock.com
1 2

教育貧困にならないために』(2020年6月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー