fbpx

モーリシャス沖「原油ぶちまけ」の責任は?日本のお役所対応が世界を敵に回す=児島康孝

国際関係を歪ませる一石となる?

折しも、中国とインドの間で緊張が高まっており、インド洋やアフリカが焦点になっています。この問題にも、今回の事故には悪影響です。

アメリカやインドにとっても、「この大切な時期に、日本はいらんことをしてくれたな」という感じでしょう。

当然、アフリカやインド周辺の国々は、この流出事故に対し、日本がどういう態度をとるかを注視しています。

日本のイメージが地に落ちる

日本でも、1974年に、岡山県倉敷市の三菱石油(水島製油所)から重油が流出する事故があり、“柄杓(ひしゃく)”で重油を回収する作業が衝撃的で、国民にショックを与えました。

瀬戸内海の広い海域が重油でべっとりと汚染され、当時、大問題となりました。

「瀬戸内海は死んでしまうのではないか」「漁業ももう無理だろう」と言われたのですが、石油自体がもともと地球上に存在するものであったことから、瀬戸内海の回復は、予想よりも早く進みました。

だからモーリシャスも……ということは考えられますが、こんな話は、もっと先のこと。いま、こういうことを言っても、まったく説得力はありません。

ですから、日本的な対応をすぐにやめて、しっかりと国が先頭に立って、商船三井や長鋪汽船に次々と指示を出す必要があります。

そうしないと、これまでの日本からアフリカへの援助がすべて「帳消し」になってしまうぐらいの、日本のイメージの悪化が懸念されるでしょう。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2020年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年8月配信分
  • モーリシャスの原油流出事故は、対応次第で国際世論を敵にまわす(8/14)
  • 来年の先行きは明るいが、壮絶なデフレ体制の破壊が起きる(8/7)

いますぐ初月無料購読!


有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】GoToの次は「旅行先で働け」。安倍政権の迷走止まらず、経済崩壊は時間の問題か=今市太郎

【関連】中国の「超異常気象」は天罰か?災害集中は必然、超高齢化で亡国へ=勝又壽良

image by:Myroslava Bozhko / Shutterstock.com
1 2

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2020年8月17日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』連動メルマガ

[月額330円(税込) 毎週金曜日]
日本に影響を与えてきた欧米勢の勢力図が変化し、国際情勢も激変の時期を迎えています。トランプ政権の前の欧米勢力は、日本の1990年のバブル崩壊以降、日本の衰退を狙ってきました。超長期の経済サイクルである、コンドラチェフ・サイクルが、戦後最悪の大底でもあったことから、日本経済はデフレに陥り、低迷したままであったのです。ところが、トランプ政権の誕生以降、欧米勢の勢力は変化し、日本の今後も、大きく変わろうとしています。このメルマガでは、有料読者に限定して、ちょっと書きにくい話にも踏み込んで、欧米勢の動きをお伝えします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー