fbpx

富裕層の日本脱出が本気モードに。海外移住しやすい国と人気のビザは?=花輪陽子

いま海外移住希望者が増えています。富裕層たちはどの国を選んでいるのか?具体的な国名と人気ビザを挙げながら、資産を増やす方法を解説します。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告「次の金融崩壊が私の人生で最も大きなものになる」=花輪陽子

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

海外移住希望者が増えている

日本人や香港人で、海外移住を希望している人が増えていると聞きます。日本の場合も、新型コロナ対策への不満や、これから待ち受ける負担増等に備えるためでしょう。9月からは厚生年金保険料の上限額が引き上がります。

また、日本国内では資産運用が難しいという声も聞きます。日本では、適格投資家の制度が個人には実質なく、機関投資家か一般投資家になるからです。

適格投資家ではないと目論見書の交付が必要となり、そのために日本語に翻訳を待つと時間もお金もかかるのです。海外の新発債等を購入することが難しくなります。

株式やある程度ニーズのあるETF等であれば日本からも問題なく購入できるのですが、債券や海外ファンドや保険に関しては、海外の方が選択肢は増えます。

また、株等に関しても、日本のネット証券では海外REITやETF等も海外のプラットフォームに比べると選択肢が少ないようです。

サービスに関しても、海外の金融機関の場合、金融商品を担保にして融資を受けることができる等の違いがあります。株やETFの場合、リスク商品なので評価額の3割程度ですが、債券、ファンド等の場合、8割程度まで借りることもできます。保険の場合もプレミアムファイナンスができ、初日解約返戻金の8〜9割程度融資をするようです。

海外に目を受けると選択肢が大きく広がる

ウォーレン・バフェットも「レバレッジ」「酒」「異性」をお金を遠ざける3悪と断言しており、レバレッジにはもちろんリスクがあります。

しかし、日本円の預金を担保にして、違う通貨を借りてその通貨建てで債券等を購入し、償還時に借りていたお金を満期金で返すという戦略もあります。この場合、為替リスクは限定されます。

大雑把に言うと、日本円で預金をしているだけでも3%程度の利回りが狙え、キャッシュフローベースでは5〜6%を狙うことも可能です。

現在は債券価格が高めなので、利札の利息は6%前後のものはあるのですが、価格が120円など高めなので最終利回りで計算をすると3%程度まで落ちるからです。

ただ、借りた外国通貨で利息が半年ごとにもらえるので人気がある手法だそうです。

こうした方法は海外の金融機関でないとなかなかできません。その他にも日本生命などの日系企業が米ドル建で発行している高利回りの社債なども人気があるようです。

やはり、元本の安全性のある債券は資産を守りたい人には、依然として人気があります。ただ、債券価格はバブルになっているので今後の先行きを見守りたいものです。株式や貴金属も同じことが言えますね。

Next: 人気の海外ビザは? 日本脱出を本気で考える時期が来た

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー