fbpx

今夜は米雇用統計、一時解雇はコロナ前の水準へ向かう?ドル円は全戻しに警戒を=ゆきママ

9月は荒れた相場となりましたが、10月もなかなか不安定なスタート。今日の雇用統計は非常に重要なイベントではありますが、相場の値動きを決定づけるイベントにはなりにくいと思います。その背景や現在の状況についても踏まえながら、今夜の展望について解説していきたいと思います。(FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

【関連】居酒屋の倒産ラッシュ開始。「忘年会消滅」でも生き残るのは◯◯な店だけ=栫井駿介

コロナ支援法案の成立が目先の最重要ポイント

今回の雇用統計も非常に重要な意味を持つのは間違いないのですが、今はそれ以上に、コロナ支援法案・第4弾が注目されています。

給付金など多くの支援が7月末で打ち切られる中、早期の決着が期待されていましたが、中間層以下への大規模な支援を求める野党・民主党に対し、与党・共和党は限定的な支援に留めることを提案。その後、交渉が難航・長期化したことで、株価にも悪影響が出ていました。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

しかしながら、先週末あたりから、民主党のペロシ下院議長とムニューチン財務長官が協議の進展や合意に向けた歩み寄りをアピールしたことで、マーケットは成立を織り込んで上昇しています。

したがって、仮にもし今夜の雇用統計の数字が良かったとしても、この支援法案が決まらないとなれば、マーケットは嫌気することでしょう。

雇用統計の堅調さ、最近の経済指標の好調さというのは、これら経済対策のドーピングをフルに受けての数字だからです。

もちろん、発表直後は数字に引っ張られて相場は動くでしょうが、最終的には過去のデータという見方で値動きが継続しない可能性が高いですから、このコロナ支援法案の行方についてもチェックしておきたいところでしょう。

Next: 先行指標は良好、中小企業の改善が目立つ。今夜もサプライズはあるか?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー