超重要資料が都合よく消失? ケネディ暗殺の真相をひた隠すCIAの闇=浜田和幸

10月26日に公開予定の「ケネディ大統領暗殺記録ファイル」だが、雲行きが怪しくなってきた。単独犯とされるオズワルドに関する調査記録が行方不明なのだ。(浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』浜田和幸)

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2017年9月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき)
国際政治経済学者。前参議院議員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。

何を墓場まで持っていくのか? オズワルド単独犯説に拘る米政府

大統領暗殺にCIAが関与?疑惑の中で

ぶっちゃけ、「臭いものにはフタ」ということなのか。

本年10月26日に公開予定されている「ケネディ大統領暗殺記録ファイル」だが、その雲行きが怪しくなってきた。

いまだにオズワルドの単独犯説に拘るアメリカ政府なのである。

去る7月に先行公開されたCIAとFBIの調査ファイルによれば、ケネディ大統領が暗殺されたテキサス州ダラスの当時の市長も、その弟もCIAの要員であった。

そのため、大統領の暗殺にCIAが関わっていた疑いが以前にも増して濃厚になっていた。10月に全ファイルが公開となれば、長年くずぶってきた謎も解けるのではないかと期待が高まったのも当然の話。

ところが、全7巻のファイルの内、オズワルドに関する調査報告が記載されているはずの第5巻が行方不明になったというのだ。

事務的ミスで消えた「不都合な記録」

その理由は「事務的ミス」。日本では「消えた年金記録問題」が記憶に新しいが、アメリカでも「不都合な記録」はタイミング良く「事務的ミス」で消えてしまうようだ。

どう考えても、CIAやFBIの関与を闇に葬るために仕組まれた消失操作としか思えない。

ケネディ大統領暗殺の原因究明を扱った政府の『ウォーレン報告書』そのものが「フェイクニュース」であったからであろうか。当時の映像や音声記録などを今日の最新技術を駆使して詳細に分析すれば、大統領の命を奪った銃弾の軌跡も明らかにできるはずである。そうすれば、オズワルド単独犯説が覆る可能性は高い。

オズワルドの娘やその家族からすれば、「暗殺犯という汚名」を引きずって生きてきたわけで、その汚名が晴らされる希望もあったようだが、立ちはだかるCIAの壁は厚かった

悲劇の暗殺事件から既に54年。生きていれば今年で100歳となっていたケネディ大統領。ジョンソン副大統領をはじめ、当時の関係者の大半は既に鬼籍入りしている。

Next: 確信に変わる「諜報機関の関与」 国民の不信感は日米共通?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー