fbpx

今年初の5日続伸、日経166円高~指数構成上位が上伸、信用期日到来も追い風に(5/31)=山本伸一

日経平均株価は5日続伸。外部要因に目立った変化のないなか、利食い先行も切り返すと上げ幅を広げ、節目17200円台に乗せてきました。ローソク足は連日の陽線と順調に水準を切り上げてきています。(『プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』山本伸一)

日経平均株価終値は、166.96円高の17,234.98円

日経平均、大台17,000円値固めから上値追いで5日続伸

昨晩の米国市場は、メモリアルデーの祝日のため、株式、債券、商品の各金融市場が休場となっています。代わって注目された欧州市場も英国市場は休場。他の欧州市場も目立った反応は見られませんでした。

【関連】マイナス金利の憂鬱~米国にデフレを強いられた日本の残された道=矢口新

為替相場では、東京時間帯にかけて円買いが確認されており、東京時間帯早朝では1ドル110円台後半、1ユーロ123円台半ばの水準で取引されています。

東京株式市場では、前営業日に大きく買い進まれていた経緯から利益確定売りが先行。日経平均株価始値は17029円の小幅反落スタートに。
寄り付き後は、すぐさま切り返すと上値追いへと向かう展開。円買い一巡とともに買い気を強めました。
午後からは再び111円台まで戻しており、後場寄りから買いが優勢。日経平均株価は節目17200円台乗せと後場一段高となっています。

日経平均株価終値は、166.96円高の17,234.98円。東証1部の売買代金は概算で2兆8740億円。東証1部の売買高は概算で25億2840万株。値上がり銘柄は1336(68%)に対し値下がりは475(24%)、変わらずは144(7%)となりました。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

指数大台キープから上値追いへ向かう 信用期日到来も追い風に

米英市場休場も円安推移が追い風となり、利食いこなして買い気を強めた本日の株式相場ですが、中核銘柄の活躍に指数銘柄入れ替えによる商いも増加。ボリュームも回復しており、上値志向も高まっています。

日経平均株価は5日続伸。外部要因に目立った変化のないなか、利食い先行も切り返すと上げ幅を広げ、節目17200円台に乗せてきました。ローソク足は連日の陽線と順調に水準を切り上げてきています。

昨晩の英米市場は休場。外部要因の変化は限られたものの、利益確定の円買い圧力をこなすと、前営業日に続いて買い気を強める展開となりました。

日経平均株価は大台17000円を保つと、午後の円安推移とともに上げ幅を広げる動き。前述したように指数上昇とともに中核銘柄が強く、指数銘柄入れ替えによるボリューム増加も相場を押し上げています。

さて、今晩は休場明けの米国市場の反応が注目されるほか、明日も5連騰後の利益確定売りとの攻防も意識されるところか。それでも本日の反落スタートから切り返したように、押し目買い意欲は高く、値固めから上値を追う動きとなりそう。

また、昨年12月1日の日経平均株価20012円の高値形成からの高値期日通過も意識されるところ。個別銘柄でも昨年12月近辺の高値形成銘柄もあり、期日向かいも狙い目となるのではないでしょうか。

もちろん指数反落や値固め局面では値幅取り意識も高まりそうで、週半ばから後半の経済指標イベントを考慮すると、値動きの軽い投資対象を選好する流れも強まるのでしょう。

Next: 指数構成上位が上値伸ばす MSCI銘柄入れ替えでボリューム増加

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい