fbpx

孫正義とジョブズ~ソフトバンク“次期社長”の電撃退任が意味するもの=栫井駿介

ソフトバンクのニケシュ・アローラ副社長が突然退任することになり、市場を驚かせました。孫社長が肝いりで連れてきたエリートの退任劇は、これからのソフトバンクにとってどのような意味を持つのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

カリスマ経営者の後継者問題が企業価値と株価に与える影響は?

孫社長「まだ辞めたくない」

退任するニケシュ・アローラ副社長はインド系アメリカ人であり、Googleの副社長として活躍していましたが、孫社長が口説き落としてソフトバンクに連れてきました。孫社長の後継者に内定していたとも言われており、今回の退任は晴天の霹靂です。

【関連】赤字発覚のLINEが「上場ゴール」ではない合理的な理由=栫井駿介

表向きは、孫社長が「まだ辞めたくなくなった」とまるで子供のような言いぶりをしています。確かに、孫社長はまだ58歳であり、引退するには早すぎる年齢です。

しかし、これを額面通りに取る人はそういないでしょう。アローラ氏の退任が発表される前日には、匿名の投資家グループによるアローラ氏の副社長としての資質に問題があると訴える書簡をプレスリリースで否定しています。退任の発表がその翌日ですから、調べてみたら実は問題があったと考えてもおかしくありません。

アローラ氏の退任を受けて、ソフトバンクの株価は上昇しました。アローラ氏に関する不安要素が退任によって払拭されたことが理由の一つと考えられます。

ソフトバンクグループ<9984> 日足(SBI証券提供)

ソフトバンクグループ<9984> 日足(SBI証券提供)

ジョブズの退任後、アップルの株価は上昇

ソフトバンクのようなカリスマ的経営者がいる会社にとって、後継者は最大の課題です。最近ではセブン&アイの鈴木会長やスズキの鈴木修会長の退任が話題になりました。同じような問題を抱えるのが、ソフトバンクの社外取締役も務めるファーストリテイリングの柳井会長や日本電産の永守社長です。

後継者問題に唯一の正解はありませんが、確実に言えることはカリスマ経営者と同じような人を連れてくるのは難しいということです。仮に優秀な人材を連れてきたとしても、これまでと同じやり方というわけにはいかず、経営方針を変更せざるを得ないでしょう。これが難しいことから、「集団指導体制」により変化を緩和しようとする会社も少なくありません。

カリスマ経営者の辞任で思い出されるのが、アップルスティーブ・ジョブズです。ジョブズは若くして亡くなり交代を余儀なくされましたが、株価は交代後に大きく上昇しています。

※ジョブズのCEO退任は2011年8月、2012年3月に配当の再開を発表/アップル<AAPL> 月足(SBI証券提供)

※ジョブズのCEO退任は2011年8月、2012年3月に配当の再開を発表/アップル<AAPL> 月足(SBI証券提供)

ジョブズが稀代の経営者であることは疑う余地がありません。それなのに、なぜいなくなってから株価が上昇したのでしょうか。

Next: 「カリスマ経営者」が抱えるリスク。バトンタッチで何が起こる?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい