fbpx

地味だけど凄い!コマツの「KOMTRAX」で世界経済を先読みする方法=山田健彦

KOMTRAXの「読み解き方」実践例

おりしも、4/27にコマツの決算発表がありました。それによると、

今期予想は、
売上高:2兆1350億円(前期比18.4%増)
営業利益:1560億円(前期比10.4%減)
当期純利益:920億円(前期比18.9%減)
の増収減益となる見通し。

その原因として、4月に買収を完了した米大手鉱山機械メーカーのジョイ・グローバル(新社名コマツマイニング)の連結化が売上高を2560億円押し上げる一方、買収に伴う償却費など一時費用を計上するので、それが480億円の減益要因となるのだそうです。

ジョイ社買収の影響を除いた従来ベースでは、
売上高:4.3%増
営業利益:12.1%増
と予想。

減益は一過性のものであることを想起させます。

決算発表後のコマツの株価も窓を空けて上昇しました(編注:本稿執筆時5月2日現在)。「コマツの株を購入すると良いですよ」と言っているわけではありませんので、ご注意ください。

小松製作所<6301> 日足(SBI証券提供)

小松製作所<6301> 日足(SBI証券提供)

お役所の発表する経済データは、複雑で速報性にも疑問符がつきます。KOMTRAXのような、見やすく、速報性の高い民間企業の発表するデータを利用するというのも、経済を見るうえでは大事です。この続きはまた次回にお話します。
無料登録はこちら

【関連】歴史的高値圏にある米国株が、さらに高値を追いそうな5つの根拠=江守哲

【関連】日本人の大半が選ぶ「株式を保有しない人生」は糞ハードモードだ=鈴木傾城

【関連】注目を集める「ロボアドバイザー」の資産運用アルゴリズムを理解しよう=小屋洋一

1 2

資産1億円への道』(2017年5月2日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

資産1億円への道

[無料 ほぼ 週刊]
資産が1億円あるとゆとりある生活が可能と言われていますが、その1億円を目指す方法を株式投資を中心に考えていきます。株式投資以外の不動産投資や発行者が参加したセミナー等で有益な情報と思われるものを随時レポートしていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー