fbpx

「安倍カルト一強」の日本を、あの小沢一郎はどう見ているのか?=高野孟

小沢辞任の何がまずかったのか

小沢氏が辞めた直後の本誌で、私はこう書いた(No.491)。

マスコミに煽られて、政権交代のための革命的な権力闘争に命懸けで身を投ずる覚悟もない民主党のピーチク議員が「小沢では戦えない」などと、自分がマスコミの虚妄の論調と戦って有権者を説得し抜くだけの力量がないのを棚に上げて全部を小沢のせいにすり替えてパーチク言って、そういうマスコミと議員の連動性の知的レベルにウンザリして小沢は辞めたのだろうが、それはやっぱりプッツンであって、本当は小沢はそのピーチクパーチク連中を全員集めて徹夜でも何でも討論集会を開いて、彼らを革命的戦士に鍛え上げるべきだった。そういうことを「面倒くさい」と思ってしまうところが小沢の最大欠陥であって、鳩山はそこに関しては小沢を見倣うべきでない。

と。小沢氏がやるべきだったのはむしろ逆のことで、これが旧体制による反革命の陰謀であること、これを正面から乗り切ってこそ「明治以来100年間の官僚支配を打破する革命的改革」の扉が開くのであることを全党に徹底し、全国に散って有権者にそのことを明らかにして「この革命的改革を一緒に戦おうと訴えるよう号令をかけることだったと思う。

党員の多くも有権者のほとんども、何とはなしの雰囲気で政権交代が起きるかのような安易極まりない気分で総選挙に向かった。それが革命的であればあるほど血が流れるのだという覚悟は、ほとんど誰も持ち合わせていなかった。だから民主党政権は、同じ自民党と検察・官僚体制とマスコミのスクラムによる同じ「印象操作の手法に翻弄され続けて3年余りで潰れ、そのことの総括がついていないから今なお立ち直れないのである。

反対に、自民党側は小沢潰しという情報テロ「第1弾」の成功で味をしめ、さっそく翌6月には「第2弾」として今度は大阪地検が石井一副代表をターゲットに「障害者郵便割引制度の悪用を口利きした」という凜の会事件をデッチ上げ、また「第3弾」として小沢氏に代わって代表に就いた鳩山由起夫氏の政治資金疑惑のリークも始まった。それもこれも、小沢氏のところが堤防決壊したので自民党側がかさに掛かって情報テロを仕掛けてきたのであり、さらに政権交代が実現してからも、同じやり方で民主党政権を攻撃し続けて、「印象操作による国民幻惑のノウハウを磨き上げたのである。

そういう訳で、ポストが言うように、今日の安倍首相のやりたい放題を招いた唯一ではないが最大の責任は09年の小沢氏にあるというのは本当である。しかし今や「わずか6人の少数政党の党首」(同誌)となった彼にこの状況をめくり返すだけの力は残っているのだろうか。ポストのインタビュー記事は「以下次号」となっているので、さらなる小沢節に期待したい。

【関連】安倍内閣の支持率と官製相場を急落させる「逆賄賂」発覚リスク=吉田繁治

【関連】安倍政権を共謀罪成立に駆り立てる「警察への借り」と「岸信介の亡霊」

【関連】なぜ北朝鮮の金正恩第1書記は核開発と幹部粛清をやめられないのか?=高野孟

1 2 3

高野孟のTHE JOURNAL』(2017年6月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高野孟のTHE JOURNAL

[月額880円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー