fbpx

【6月米雇用統計】七夕の夜は順張りドル買いが吉!想定レンジは112~115円=ゆきママ

先行指標はまずまず好調な数字が並ぶ

それでは、先行指標の数字を見ていきましょう。前回より弱めの数字が並んではいるものの、トータルで見れば引き続き比較的好調な数字が並んでいます。

先行指標の結果(数値はいずれも速報値)と雇用統計の事前予想値

先行指標の結果(数値はいずれも速報値)と雇用統計の事前予想値

前回はADP雇用報告の強すぎる数字を元にして、期待感先行でハードルも上がってしまいましたから、今回の「ほどほど」ぐらいの数字でちょうど良いのではないかと思います。

特に製造業部門での堅調な雇用指数というのは心強い限りです。一般に製造業はその他サービス業と比べて賃金が高いとされていますので、ポイントとなる平均時給(賃金上昇率)についても期待が持てそうです。

また、事前予想値に目を向けると、非農業部門雇用者数が+17.8万人と前回からの反動もあるのか少し強めの数字。平均時給は前月比+0.3%・前年比+2.6%と製造業の良好な雇用指数が反映されており、これらをしっかり上回ってくるようであれば、今の相場の流れというのは継続する可能性が高そうです。

Next: 基本はロング、押し目はチャンス。想定レートは1ドル=112~115円

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい