fbpx

業績相場からバブルへ。2017年の日本はついにデフレ不況から抜け出す=児島康孝

金融相場があって、今年の初めから調整があり、ようやく明確に踊場を抜けそうな展開です。ドル円をみますと、今年6月が当面の底になっています。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

調整は2017年秋頃か。ただし今回は調整が小さくなる可能性も

業績相場への移行期

6月からこれまでは、非常にわかりにくい動きでしたが、週足とか月足で見ますと、反転・上昇傾向が確認できます。ドル円は、次のようなパターンが考えられます。

  • 押し目なく、上昇するパターン
  • いったん、105円を確認し、上昇するパターン
  • 116円あたりを、2回確認し、大きく下落するパターン
  • 120円を超えてくるパターン

米国の金利は、今後の数年で、5%ぐらいへの上昇を段階的に進めていくでしょう。もともと米国の金利は5%ぐらいが普通ですから、ようやくトランプ大統領をきっかけにして上昇しそうです。

【関連】「トランプ大統領」効果。為替相場は中期的なドル高に向かっている=児島康孝

バブルへ移行の模様

日本の銀行は、中小企業や個人への貸し出しを増やさずに、不動産融資に走り始めています。これは、典型的なバブルの特徴です。いつか来た道で、不動産を担保に大きな金額を融資する方法ですが、これは実は危険です。

小口の中小企業向け融資や個人向け融資の方が失敗の穴は小さいのですが、どうしても不動産担保に安心してしまうのでしょう。不動産は、良い時はよいのですが、反転した場合に流動性がなくなる(=値段が下落した場合、真空状態となり、値がつかなくなる)特徴があります。もっとも、不動産への融資は波及効果がありますから、じわじわ実体経済も上向くでしょう。

バブルの不動産融資といっても、日本ではまだ始まったばかりなので、すぐに崩壊することはないでしょう。中国では、都心部の不動産が驚異的に暴騰して、すでにバブルの領域です。

Next: 気になる調整サイクルは2017年秋にやってくる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい