fbpx

経済を強化する方法は基本的に投資しかない!4つの投資方法をリスクと期間別に解説

経済の三要素「モノ」「ヒト」「技術」を強化する、つまりは生産性を高める方法は、基本的にはひとつしかない。すなわち「投資」である。

具体的には、「モノ」の強化のために設備投資、公共投資、「ヒト」の強化のために人材投資(ヒトの雇用含む)、「技術」強化のためには、もちろん「技術開発投資」である。

さて、設備投資、公共投資、人材投資、技術開発投資の四つは、それぞれ、

●リスク
●生産性向上の効果が出るまでの期間

に違いがある。つまりは、「リスクが高いか、低いか」「生産性向上効果が短期間で生じるか、長期間必要か」により、マトリクスを作成することができるわけだ。

投資のマトリクス

投資のマトリクス

無論「リスクが高いか、低いか」とは、あくまで相対的な話である。この世に「リスクがない」投資は存在しない。

相対的に判断する限り、四つの投資は上記のマトリクスの通り分類できる。

もっともリスクが低く、生産性向上効果が短期で出る可能性が高いのは、人材投資である。何しろ、人材投資は金額が相対的に安い。設備投資で大規模工場を建設する場合、最低でも十億円規模の投資が必要になる。それに対し、人事投資は生涯年収で見ても数億円レベルで済む。

しかも、人材投資は経営者が決断すれば、すぐに実行可能だ。設備投資の場合、土地の選定から考えると、工場や店舗の建設まで一年以上を費やすケースも少なくない。

とはいえ、設備投資は公共投資や技術開発投資に比べれば、投資完了までの期間が短い。大規模公共投資は最低でも三年から五年は必要だ。技術開発投資に至っては、特に基盤技術に対する投資の場合は、便益を得られるまで「数十年」必要な場合もある上に、最終的に何の便益も得られないかも知れない。

また、設備投資は曲がりなりにも「市場がある」と経営者が判断した上で実行に移される。無論、投資はしてみたものの、

「市場がなかった」
「市場が足りなかった」

といった事態は、経営上、普通にあり得るが、公共投資や技術開発投資に比べれば低リスクなのは間違いない。

公共投資の場合、例えば高速道路を建設したとして、インフラが地域経済の発展に利するかどうか、実際には投資してみなければ分からない。無論、道路建設の目的は地域経済の成長に限らない。国家全体の安全保障に、一本の道路が資するケースもあるため、「経済的便益がなかった=失敗投資」という話にはならない。

それにしても、市場が確認されない状況であっても、公共投資は実施されなければならないのだ。そうである以上、公共投資の経済的なリスクは、設備投資に比べれば間違いなく高い。

さらに、建設に十数年(あるいは数十年)を要するケースも少なくないため、公共投資の場合は「生産性向上の効果が即座に出る」という話にはならないのだ。

公共投資以上にリスクが高く、生産性向上効果が出るまで時間を要する(あるいは、効果が出ない)のが、技術開発投資である。技術開発投資の場合、開発に従事した「ヒト」が、効果の確認の前に死んでしまうといった話が、普通にあり得る。

例えば、1911年、オランダの物理学者ヘイケ・カメルリング・オネスが、金属を冷やすと電気抵抗がゼロになる「超電導現象」を偶然、発見した。但し、超電動現象が起きる温度は、絶対零度(マイナス273℃)よりもわずか4度(摂氏)高いだけという「超低温」であった。時代が進むにつれ、金属のみならず、いくつかの合金も超電導現象が起きることが確認される。

オンネスは、「電気抵抗がゼロの超電導であれば、超強力な磁石が作れる」と考え、様々な物質で実験を繰り返した。とはいえ、今度は電流による発熱ではなく、自らが生み出した「磁場」により物質が崩壊し、「超強力な磁石を作る」というオンネスの夢は、なかなか実現しなかった。磁場を強くしていくと磁気圧がかかり、超電導体が壊れてしまうのである。

結局、磁場に強く、崩壊を免れる超電導物質が発見されたのは、オンネスの死後であった。ところで、人材投資や設備投資が「生産性向上効果が短期間で出る」という部分は、現在の日本にとって非常に重要だ。何しろ、我が国は未だにデフレーションという需要不足、供給能力過多に苦しんでいるのだ。

『週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~』 Vol.309より一部抜粋

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~

[月額660円(税込) 毎週土曜日]
日本の新聞・テレビなどのマスメディアでは、上記のフレーズがあたかも「常識」のように使われている。本メルマガでは、正しい数値データに基づき各種の「嘘の常識」を暴き、ボトルネックを取り去ることで、日本経済が着実な成長路線を進めるようコンサルティングを提供する。大人気Blog『新世紀のビッグブラザーへ』著者、三橋貴明が綴る必読参考書です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー