2次売却に必死の日本郵政は「高配当株のフリ」をいつまで続けられるのか?=街

保険と不動産は節税面で優遇されている

余談ですが、保険不動産はいつまで経っても相続対策(露骨な節税策)が使えるように優遇されています。政治屋や当局との癒着があるからです。

そして大手金融と下手に取引を始めたら最後、今度は「あれ買え、これ買え」と営業攻勢が始まります。悪徳不動産会社の営業攻勢と変わりませんね。まぁ、悪徳不動産に至っては規制が緩いのをいいことに、脅迫行為も厭わないほど悪質ではありますが…。

【関連】日本郵政の危ないマネーゲーム。個人をはめ込む政府株売却の本音と建前=近藤駿介

それらの監督当局はと言えば、いい加減トラブルが増えるまで、金融庁や国交省などは(業界保護のため)見て見ぬ振りをします。業界と監督当局がグルになってボッタクリをしているのですから、お金持ちの高齢者は大変です。被害額はオレオレ詐欺の100倍を優に超えているのでしょう(呆)。

【関連】日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介

【関連】メモリ事業売却という一時しのぎ。東芝の迷走で一番損をするのは誰か?=栫井駿介

【関連】官僚だけが大儲け。日本を破壊する「水道民営化」のトリックに騙されるな=田中優

1 2 3

億の近道』(2017年9月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい