fbpx

皇太子徳仁親王殿下が被害者に!? 「ブルネイ大使館詐欺」の重大疑惑=山岡俊介

3. 安倍首相、個人で10万票が信任基準も厳しいとの見方

いよいよ10月22日投票で衆議院選挙が行われる。最大の焦点は、安倍政権が国民に信任されるかどうか

安倍首相自身、「政権選択選挙。与党(公明党も入れて)獲得議席が過半数(233議席)に届かなければ下野する」と語っており、これが信任の基準値になる。現在、323議席だから、90議席以上減らしたらアウトだ。

その一方で、安倍首相自身が出馬する山口4区(下関市、長門市)の地元選挙も、その結果が注目されている。

安倍首相は地元入りできないため、妻・昭恵氏は解散当日から再三現地入り。公示後は4区に張り付くが、その昭恵氏、10月5日、下関の事務所開きで「総理総裁としてふさわしいリッパな票をいただき、もう一度、主人に大きな仕事をさせて下さい」と涙ながらに訴えたが、地元の安倍選挙対策本部はその具体的な基準値を前回選挙獲得数(10万829票)から10万票以上と弾いている。

だが、その基準は相当に厳しい情勢になっている。山口4区の候補者は以下の通り。

  • 安倍晋三(63) 自民前
  • 藤田時雄(63) 希望新
  • 西岡広伸(54) 共産新
  • 黒川敦彦(39)無所属新
  • 郡 昭浩(56)無所属新

「<中略>安倍さん以外の全員が反安倍で、当選は確実ながら、かなり票を食われるとの見方が有力」(地元事情通)

愛媛県今治市に獣医学部が建設中の加計問題につき、地元・愛媛2区では希望から出馬する前職、維新の元職も誘致に賛成で沈黙。共産党新人だけが批判する体たらくぶり。

しかし、山口4区にはわざわざ地元・今治市から黒川氏、さらに松山市在住の郡氏も出張って来ており、選挙戦にかこつけ、散々批判する構えだし、地元民の間でも「大義なき解散」との声がかなりある模様だからだ――

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

Next: 4. 個人投資家は大儲けしてはいけない!?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー