fbpx

医師が診断、トレード盛りの投資家を突如襲う「仮想通貨病」とは?=メダカ

実験・分散投資(26週間の結果)

<目的とルール>

この実験は分散投資の有効性を検証するために行っています。5月7日にCCで扱う12銘柄(当時)すべてをBTCのみ4万円、残りは1万円ずつ合計15万円を投資。時間も分散し、6月7日に再び同じ条件で買い付けました(投資元本は合計30万円)。利益100万円(残高130万)を実現し、正月のハワイオフを目指します!(笑)。

毎週日曜の午前0時頃に記録して、証拠のスクショをツイッターで月曜日に発信。銘柄別の価格は実際に売る場合の価格なので、合計は「総資産」(表示価格)よりも減ります。この差が実質的な売却手数料です。

<26週経過時点の残高>

では、26週間の残高を確認しましょう。
※元本はBTCのみ80,000円、他は20,000円です(BCHは付与)。

総資産        755791円(前週比129.7%)
BTC・ビットコイン  42287円(103.3%)
ETH・イーサリアム  23853円(120.4%)
ETC・イーサクラシック 84960円(99.4%)
LISK・リスク     17284円(90.9%)
FCT・ファクトム   47261円(102.8%)
XMR・モネロ     45986円(98.1%)
REP・オーガ     13947円(103.5%)
XRP・リップル    26294円(103.2%)
ZEC・ゼット     29371円(98.3%)
XEM・ネム      30054円(89.8%)
LTC・ライト     38081円(104.0%)
DASH・ダッシュ   44641円(99.3%)
BCH・キャッシュ   25946円(169.9%)

今週はご覧のとおり前週比で129.7%、つまり30%もの大幅アップとなりました。前週は17%アップだったので2週連続の高騰です。

一目見てBCHの7割アップが全体を大きく引っ張ったことがわかります。これはもちろんBTCのHF(ハードフォーク)の影響で、BCHが新たに暗号通貨の基軸となることへの期待が先行しているためです。先号のメルマガでBTCからBCHへと比重を移すことをお勧めしましたが、もくろみ通りの展開となりました。

先週悪かったBTCは回復を始めています。原稿執筆時点(11月5日の深夜)ではさらに上がっています。このほかはイーサリアムが久しぶりに2割の上げと元気なところを見せましたが、はたしてどこまで続くでしょうか。リスクとネムは1割ダウンでした。

【関連】ビットコイン版「バブルの物語」いつか死ぬまで踊り続ける覚悟はあるか?=鈴木傾城

BCHは新たな材料がでなければ、あと数日は強気という流れが続くと思います。ですが、その先は現時点では不透明です。HF前には利確の動きが予想されます。HF後の新たなコインBX2が魅力的でないため、配布はいらないから利確とリスク回避のためにいったん売却という行動です。

BTCにしてもBHCにしても、持ち続けるべきかHF直前に売却すべきか、それは投資家判断の醍醐味ですね。来週はどのような結果となっているでしょうか。

【関連】日経平均先物の「何倍もヤバい」ビットコイン先物の傾向と対策=高梨彰

【関連】SBI北尾会長はビットコイン開発者の「サトシ・ナカモト」と一体何を議論したのか?

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

1 2 3

メダカの仮想通貨・ビットコイン投資』(2017年11月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

メダカの仮想通貨・ビットコイン投資

[無料 ほぼ週末刊]
ビットコインに代表される仮想通貨(暗号通貨)投資を始めた方、やりたいと考えている方向けの実用的なメルマガを目指します。 一発大儲けを狙うのではなく、初心者でも着実に増やせるよう堅実な投資を実践するための方法や基本情報を私「メダカ」が発信します。 私の推す長期分散投資が本当に有効なのか「体を張って」検証し、残高を毎週公表しています。 仮想通貨は市場も法制度もよちよち歩きの段階。インターネット登場期のような刺激に満ちています。相場高騰で「億り人」が続々誕生する一方で勝てない人もいます。知らないと危険なこともあります。 一緒に仮想通貨相場を生き抜きましょう!原則として週末にお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい