幸楽苑だけではない「日本の昼メシ劣化」いざなぎ超えは虚構の好況なのか=近藤駿介

最近は「幸楽苑」のみならず高級和食チェーンですら、ランチの内容が「劣化」している。かつての「いざなぎ景気」時代にこんなことがあっただろうか?(『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。

今の「いざなぎ超え」とかつての「いざなぎ景気」は何が違うか?

必然だった「幸楽苑」の大量閉鎖

ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス(HD)は10日、全店の1割弱にあたる52店を閉鎖すると発表した。同日発表した2017年4~9月期連結決算の最終損益が同期間として初の赤字となり、不採算店の大量閉鎖で体質改善を急ぐ。

出典:幸楽苑HDが不採算の52店閉鎖 業績悪化で – 日本経済新聞(2017円11月10日配信)

我が家の近くにも幸楽苑があり、たまに利用することがあった。しかし、今年の2月に「野菜ラーメン幸楽苑」に改装され、メニューが味噌ラーメン系だけになってしまった。

血圧高めながら塩ラーメンが好きで「塩野菜ラーメン」を頼んでいた人間にとって、メニューが味噌系ラーメンだけになった時点で魅力は駄々下がり

味噌系ラーメンに統一したのはコスト削減のためだなと感じつつ、仕方なく味噌野菜ラーメンを注文したところ、味は案の定。味噌で味を隠すといった代物だった。

その時点で「野菜ラーメン幸楽苑」には2度と行かないことが決定。この店は長くはもたないだろうなと感じていた。それゆえ、今回の決定は想定の範囲内。

日本中で進行する外食産業の「自殺行為」

最近は「野菜ラーメン幸楽苑」だけでなく、毎月ランチをしに行く(やや)高級和食チェーンでも、ランチの内容が劣化してきている。刺身やてんぷらの品数が減り、五穀米がおかわりからでないと選べないなど内容の劣化が目立ってきている。

ワンコインランチなら致し方ないが、2000円のランチだけに奥様の不満が溜まってきており、何時「最近ランチの内容が貧弱になりましたね」という言葉が飛び出してもおかしくない状況になっている。

2000円というランチ価格を上げられないという事情があるのだと思うが、価格を維持して中身を落としていくというのは外食産業にとっては自殺行為でもある。特に安さではなく、ある程度の価格でコストパフォーマンスを売りにしている店には。

Next: 「いざなぎ超えの好景気」を信用できないたった1つの理由

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい