fbpx

橋下徹は森友学園「愛国スキャンダル」を得意の詭弁で逃げ切れるのか?=ちだい

「誰かを批判することで自分の責任を回避する」橋下徹の汚いやり口

さすがは橋下徹といったところでしょう。こうした悪知恵だけは全力で働くのが橋下徹先生です。

安倍晋三と一心同体の橋下徹ですが、森友学園に格安で土地が売却された問題で「こんなことを役所だけの意思でやるのか。やはり政治介入か」と言いました。

オマエも小学校の認可基準を緩和するために働き、日本会議のために奔走していたメンバーの1人なのに、まるで自分は他人事かのようにツイートしているのです。

大阪維新の会の協力なしに小学校は認可されませんから。しっかり根回しされ、それに応じていたグループのオッサンが何をツイートしているのでしょうか。

9億5600万円の国有地を1億3400万円に値引きしたのは大阪維新の会ではありません。自分たちは、不透明な価格で売却されていることを知りながら、財務状況がグダグダな日本会議のジジィが設立する小学校を認可するために動いただけなので、橋下徹は「不透明な財務だ!」と批判したのです。

これはボッタクリの店を経営している店が「路上でキャッチするなんて卑劣な行為だ」と言っているようなもので、「テメエがボッタクリの店を経営しているんだろうが!」という話なのです。

しかし、大阪の皆さんは橋下徹のメディア戦略に毒されているので、こんなところまで調べません。日本維新の会(大阪維新の会)もグルだということを知っておく必要があります。役割分担をしているので、100%責任があるわけではないですが、その責任の一端は必ずあります。

誰かを批判することで自分の責任を回避する。これまで橋下徹がやってきたことそのままです。

Next: 財務省が森友学園との交渉記録破棄!日本はどうなってしまうのか?

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー