fbpx

1分以内に見破れたら天才。このカッコイイ手作りナイフの「原料」なーんだ?

ナイフや包丁を作る現場を見たことがあるだろうか?おそらく生で見たことがある人はあまりいないはずだ。

製造過程で良くイメージするのが、鉄を熱してガンガン叩く刀鍛冶のようなシーン。多くの人がこれをイメージしているだろう。

そんな日常的な暮らしと程遠いイメージのナイフを、なんと身近にあるもので手作りしてしまう動画が話題を呼んでいる。

出典:YouTube(shurap)

使う材料はなんと「懐中電灯」と「カッター」。

懐中電灯に入っていた電池を分解し、中の素材とカッターの刃を何層にも重ね、熱してひねって叩いて…

様々な工程を経て、見事なダマスカスナイフへと変身を遂げてしまう。

しかも懐中電灯の本体を、ナイフの持ち手と鞘にしてしまった。

パッと見は懐中電灯、開けるとナイフ。

スタイリッシュなナイフに生まれ変わり、「欲しい!」という人も多いだろう。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(shurap)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】大人の事情と個人の思惑。ビットコイン相場で最後にババを掴むのは誰だ?=江守哲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい