昔は敏腕プログラマーだった?グリーンスパン元FRB議長にまつわる噂話

グリーンスパン元連銀議長は、今も昔も金本位制信奉者です。ところが連銀在職中には率先して金融緩和を行いました。その理由を探ると、彼の興味深い過去が見えてきます。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年3月1日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

世界初の「金融市場操作プログラム」作成者はグリーンスパンだった?

今も昔も「金本位制信奉者」

グリーンスパン元連銀議長は、若き日はゴリゴリの金本位制信奉者でした。その考えは彼の著書『ゴールドと経済的な自由』に述べられています。

※下記のサイトで読めます。
http://www.constitution.org/mon/greenspan_gold.htm

※重要部分の抜書きは下記で読めます。
http://economistsview.typepad.com/economistsview/2012/09/alan-greenspans-gold-and-economic-freedom.html

ところが、グリーンスパンは、連銀に職を得て以降、変節して FIAT Money の推進・垂れ流し政策を率先して行ってきました

連銀を辞めた後、彼は「過去に書いた著書(ゴールドと経済的な自由)の内容を一行たりとも書き直すつもりはない」と明言しています。彼の言動からわかることは、現在でも、彼は金本位制信奉者だということです。

【関連】グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」 ゴールド現物は投資家を救うか?

なぜグリーンスパンは変節したのか?

私の疑問は、なぜ彼は変節したのかということです。最近、それに対する1つのヒントを知りました。

下記のインターネットラジオで、彼の若き日の話が出てきたのです。もちろん真偽のほどはわかりませんが、興味深い内容でしたので、ウワサ話として紹介します。
※参考(ラジオ音声ファイル)
http://radio.goldseek.com/shows/2017/02.17.2017/GSR-02.17.17-cc.mp3

要点をまとめると、「グリーンスパンが連銀内部で最初のRoot言語によるプログラムを書いた」というのです。このグリーンスパンのプログラムが、PPT(価格下落防止チーム)の基礎となっている、とラジオの語り手 Bix Weir は語っています。

Next: グリーンスパンのプログラムは本当に「PPT(価格下落防止チーム)」の基礎となったのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい