fbpx

不動産業界がモデルルームに仕掛ける「騙しの心理テクニック」いろいろ=姫野秀喜

本日の書評は、宝島社から出ている文庫本『住宅情報誌が書かないコワ~い不動産の話』です。タイトルの煽り方が、さすが宝島社という感じです。新築の戸建て、マンション、中古の戸建て、マンションについての困った問題などを実録した内容となっています。投資物件というよりは、自分自身のための住居としての不動産について書かれています。(『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

『住宅情報誌が書かないコワ~い不動産の話』を読む

この本は、投資物件というより、自分自身のための住居としての不動産について書かれたものです。

  • 新築マンションを売るためのテクニックとは
  • マンションの販売価格がいつまでも未定な理由とは
  • タワーマンションの問題とは

などなど、気になる不動産屋の裏話が垣間見られます。ということで、簡単に内容をピックアップしてみましょう。

以下、著者の言葉を抜粋します。
※『』内は引用です。

【関連】「早く大地震が来てほしい」築古マンションが直面する苛酷な現実とは=廣田信子

新築マンションを売りつける心理テクニックの数々

女性はキッチンに、男性は売約済のリボンに騙される!

『モデルルームは購入検討者に「買い」を促すための不動産心理学が多用さている』

『マンションでもっとも多いパターンは住戸に挟まれた中住戸』

しかし、

『モデルルームにあるのは角住戸』

『天井を高く、部屋を広く見せるため、極力、家具や家電は置かず、低くて小さな家具を使っている』

『女性の心をつかむために(中略)キッチンに置いてあるのは、オプションの最高級品ばかり』

『一方、男性は「商談中」「売約済」のリボンに落とされる』

商談中、売約済のリボンを見ると

『限定商品なので手に入れられない』という『リアクタンス効果』が生じる。その効果を『振りほどこうとする行動(つまり商品を手に入れたいという衝動)が生じる』。そしてそれは『男性にその効果が大きいとされている』。

『業者によれば、このモデルルームの「商談中」「売約済」を示す造花やリボンなどは完全なダミーの場合が多いという』

Next: 新築マンションが予定販売価格未定なのはなぜか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい