fbpx

バイクと居酒屋とノンアルコールビール~「高利回り店舗物件」おすすめ調査術=姫野秀喜

23区内、駅徒歩4分の好立地、利回り10%越えの店舗物件を発見。が、現地で店舗の周りをのぞき込んでいると、マスターと目が合いました。このままでは完全に不審者です。(『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

店舗物件で最も重要なチェックポイントだからこそ「足で稼ぐ」

東京23区駅徒歩4分、1000万台、利回り10%越え

本日の物件は23区内の駅から徒歩4分の好立地、利回り10%越えの店舗物件です。それでは、気になるスペックを見ていきましょう。

【関連】「お金持ち」と「普通の人」の分かれ道!? 同じ能力で大きな差がつく理由

【収益スペック】

・1000万円台中ごろ
・利回り10%越え

【物件スペック】

土地面積
39平米程度(12坪台)

土地権利
所有権

建物構造
鉄骨

建築年
昭和47年(1972年)

間取り
1、2階 店舗
※図面から把握できる範囲で記載

道路への面し方
商店街のアーケード幅員4.5m私道に面しています

いざ現地調査開始

東京23区では西側の駅徒歩4分の商店街の中にこの物件はあります。アーケードの真ん中あたりで、元気に営業している「居酒屋」さんでした。外観は、さすが店舗物件だけありちゃんとペンキを塗りなおしてあり、壁もシャッターの金属部分もきれいです。

表から見る限りでは築年の古さを感じさせないですが、店舗の隙間の壁を見ると、昔の塗装が見えます。しかし、アーケードのおかげか直射日光を受けていないため、古い物件にも関わらず痛みが少ない印象です。

店舗の周りをのぞき込んでいると、マスターと目が合いました。このままでは完全に不審者ですね。ちょうど夕方6時前で、おなかも空いてきたところです。ここは作戦を変えて、客になり入店しました。

Next: いざ入店。店舗物件への投資で重要となる情報がザクザク!?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい