fbpx

『ポケモンGO』ヒットで株価爆上げ、任天堂の復活劇に潜むリスク=栫井駿介

任天堂の株価が急騰しています。その理由は、アメリカなどで配信が開始されたスマホゲーム『ポケモンGO』の大ヒットによるものです。時価総額は3兆円を超え、長らく低迷していた株価に光が差しています。しかし実際のところ『ポケモンGO』は、任天堂にどれだけの恩恵をもたらすのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

世界中が熱狂する『ポケモンGO』で任天堂が得る収益はどの程度?

『ポケモン』とスマホの奇跡的なコラボ

ポケットモンスター(ポケモン)は、もはや知らない人はほとんどいないでしょう。

1996年にゲームボーイのソフトとして発売され、豊富なキャラクターやポケモン収集の面白さに多くの子供たちが夢中になりました。

かく言う私も、初代ポケットモンスターにはまった世代です。全世界でシリーズ累計2億本以上を売り上げ、多種多様な関連商品も発売されるなど、比類ない巨大コンテンツに成長しています。

【関連】バーナンキの実験場になる日本 デフレ特効薬「ヘリマネ」の副作用とは?

『ポケモンGO』は、そのポケモンをスマートフォンに搭載して楽しむ次世代型のゲームです。スマートフォンのカメラを通して画面を見ると、位置情報とリンクしてポケモンが現れます。画面上では、まるでゲームの中にいるかのようにモンスターボールを使ってポケモンを捕獲できます。

Matthew Corley / Shutterstock.com

Matthew Corley / Shutterstock.com

スマートフォンの技術を総動員したAR(拡張現実)の集大成とも言えるゲームであり、私を含めポケモンをプレイしたことのある人にとっては夢のようなゲームです。

世界中で社会現象化、話題性は抜群

日本ではまだ公開されていませんが、先行して公開されたアメリカなどではすでに社会現象になるほど多くの人がはまっています

ポケモンはどこに現れるかわからないので、新たなポケモンを探して人々が街中をスマートフォンの画面をのぞきながら歩き回っているのです。歩きスマホそのものですから、非常に危険な行為だとして注意喚起が出されるほどです。

ゲームのダウンロードやプレイそのものは無料ですが、ゲームを進める上で必要なアイテムを購入することで売り上げとなります。プレイが無料で、アイテムを買うことで売上に繋げるモデルは、スマホゲームでは主流の方法です。

公開からわずか3日でツイッターを上回るユーザーを獲得したとの報道もあり、それだけ多くの人がプレイすればアイテムを買う人の数も半端じゃないと考えられます。

ある調査では、7月7日の配信からの総売上は14億円を超えたとされ、天井が見えない状況です。あまりのブームに、遅れてはならないと多くの投資家が任天堂株に群がっているようです。

Next: いまの株価は割安か割高か?任天堂の期待と不安を整理する

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい