我慢と損切り、どっちが正解? 投資のブラック案件&ホワイト案件 実例集=俣野成敏

今回はブラック案件・ホワイト案件の続編をお送りします。前回は基礎編として、「リスクには2種類ある」ことや「ホワイト案件の定義」、「ブラック案件を引き寄せてしまう理由」などを見てきました。今回は事例なども交えながら、ブラック案件・ホワイト案件の見分け方等を中心に考えていくことにしたいと思います。(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
大学卒業後、シチズン時計入社。リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。31歳でアウトレット流通を社内起業、年商14億円企業に。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズがそれぞれ12万部を超えるベストセラーに。近著では『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』が13刷のロングセラーとなる。著作累計は35万部。2012年に独立後は、ビジネスオーナーや投資家として活動の傍ら、マネースクール等を主宰する。『MONEY VOICE』のほか『リクナビNEXTジャーナル』等にも寄稿、メディア掲載多数。『まぐまぐ大賞2016』で1位(MONEY VOICE賞)を受賞。

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年12月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

あなたは見破れますか? 投資のブラック案件とホワイト案件(下)

1. あなたはブラック案件をつかんでいないか?

最初に前回の復習として、ブラック案件・ホワイト案件について簡単に振り返ってみることにしましょう。ぜひ、ご自身に当てはめて考えてみてください。まずは現状認識をすることからスタートです。

【ブラック案件・ホワイト案件をつかむ人の特徴】

ブラック案件とホワイト案件の、それぞれの特徴をピックアップすると以下のようになります。

《ブラック案件をつかむ人の特徴》

  • マネープランができていない
  • 常に高利回りを求めている
  • うまい話にすぐに飛びつく
  • 失敗しても、どういう理由で失敗したのかを反省しない
  • 失敗を他人のせいにしている
  • 痛みを覚えていない
  • 学びがない
  • マネーリテラシーがない
  • 失敗したことをいつまでもクヨクヨする
  • いつもどこかにうまい話はないかと探し回っている

《ホワイト案件をつかむ人の特徴》

  • マネープランをきちんと組んでいる
  • 不必要なリスクを追っていない
  • 案件に不明確な部分があるうちは、投資しない
  • 同じ轍は踏まない
  • 失敗も自分のことと受け止めている
  • 常に学び続けている
  • 1つの経験を他でも応用している
  • リスクコントロールができる
  • 気持ちの切り替えが早い
  • 学びにお金と時間を投入している

「どうしたらリスクコントロールできるのか?」ということに関しては、前回のメルマガVol.81でもお話した通り、

  1. マネーレコーディングで現状把握を行う
  2. マネープランで分析と目標設定をする
  3. 「目標ー現状=差額をどうやって埋めるか?」を検討する(投資など)

の手順を行えば、負うべきリスクがどれくらいなのかがわかります。

「このままで自分の目標金額までたどり着けるのかどうか?」を判断する材料となるのが、キャッシュストックとキャッシュフローです。

ストックとは「今現在、自分の資産はいくらあるのか?」ということです。対する「毎月、いくらの余剰資金が残るのか?」がキャッシュフローです。

この2つを材料に将来を予想し、「目標との差額を埋められない」となった場合は、そのままこの2つを投資原資とみなします。

投資を検討する際は、リスクとリターンを必ず秤に掛ける必要があります。一般に、リスクとリターンは釣り合っているために「リターンを狙えばその分、リスクも高まる」ことは、前回すでにお伝えしました。ですから「必要に応じた分だけのリターンを得る」ことによって、リスクを許容範囲内に抑えるようにします。これが「リスクコントロール」の意味です。

Next: 「我慢すべきか?」「損切りすべきか?」はどうやって見分けるのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい