fbpx

仮想通貨急落はシナリオ通り? 国際決済銀行「法定デジタル通貨」の深層に迫る

ロスチャイルドが手引きする「世界統一法定デジタル通貨」の発行

結局、国際通貨基金(IMF)国際決済銀行(BIS)も、ロスチャイルドがコントロールしている2つの民間の国際金融機関は、同じ結論に誘導しようとしているのです。

「彼ら」は、不退転の決意で、世界統一法定デジタル通貨の発行に本腰を入れており、ブロックチェーンによって、世界市民すべてのトランザクションをこと細かく把握したいと考えているのです

続きはご購読ください。初月無料です<残約11,000文字>

image by:lucarista / Shutterstock.com

1990年頃から始まった日銀の極秘プロジェクト「電子現金プロジェクト」

MUFGコインは、日銀の法定電子通貨のプロトタイプか!?

フェニックス…それは30年前に予言されていた世界統一通貨

「バンコール」こそが、世界統一デジタル通貨なのか


※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2018年1月15日第239号パート3の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。『暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場』や『国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す』もすぐ読めます。

【関連】ビットコイン暴落の必然。大荒れの2018年相場で次に狙われる市場は?=近藤駿介

<初月無料購読で今すぐ読める! 1月のバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます

・暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場(その1)(1/4)
2018年はリップル他、強力なアルトコインが市場を牽引する
未来学サイトは、「2018年はリップルの年になる可能性がある」と見ている
暗号通貨市場では市場原理が働かない
バブルは人為的に引き起こされ、計画的に破裂させられる
etc.

・暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場(その2)(1/7)
2018年は、メンタルを鍛えた人が勝ち残る年になる
エリート層の不祥事発覚と没落が始まる
仮想通貨市場はインサイダーだらけ
凡人が富豪になる道を見つけるには、1円以下のお宝を発掘できるどうかにかかっている
etc.

・暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場(その3)(1/8)
仮想通貨投資は、後発組ほどリスクが増大する
第三の選択ー「量子耐性の次世代型暗号通貨」
一瞬でブロックチェーンの暗号をすべて解いてしまう量子コンピュータ
期待される3種類の量子耐性の暗号通貨
etc.

・国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す(その1)(1/11)
2018年の暗号通貨市場は質的に転換する?
暗号通貨市場が一度クラッシュした後で暗号化システムの統合が起こる
2018年はとうとうインフレが顕在化する年になる
世界政府の中央銀行システムによる世界電子法貨がビットコインにとって代わる!?
etc.

・国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す(その2)(1/15)
コンスピラシー・セオリー(陰謀論)は、1967年にCIAによって考案された
ビットコインには、世界統一デジタル通貨の登場まで地ならしをしておく役目がある
世界統一通貨が登場するとき、ビットコインは禁止されるかもしれない
3年後、銀行は仮想通貨を導入している
etc.

・国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す(その3)(1/15)
国際決済銀行(BIS)は、すべての中央銀行に法定デジタル通貨を発行させたい
1990年頃から始まった日銀の極秘プロジェクト「電子現金プロジェクト」
MUFGコインは、日銀の法定電子通貨のプロトタイプか!?
「バンコール」こそが、世界統一デジタル通貨なのか
etc.

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

1月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

12月配信分
・世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?(その3)(12/31)
・世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?(その2)(12/31)
・世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?(その1)(12/29)
・ブロックチェーンとジョン・ゴールト(フィリップ・ロスチャイルド)とのつながり(12/21)
・2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!(その2)(12/17)
・2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!(その1)(12/14)
・「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の実現のために開発されたブロックチェーン(その2)(12/9)
・「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の実現のために開発されたブロックチェーン(その1)(12/8)

11月配信分
・「ビットコインにはバブルはやってこない?」-人工知能政府の誕生を後押しするウォール街(11/30)
・恐怖のサイン点滅!2018年からは銀行システムの外側に避難すべき!(11/27)
・2018年の激動の年を前に避難先を失った富裕層の資金がビットコインに流入する!?(11/16)
・ドル崩壊のときにビットコインは本物の資産として通用するのか(その2)(11/13)
・号外【ビットコインに激変】(11/13)
・ドル崩壊のときにビットコインは本物の資産として通用するのか(その1)(11/9)
・「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は準備しなければならない(その2)(11/5)
・「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は準備しなければならない(その1)(11/2)

10月配信分
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その4)(10/30)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その3)(10/27)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その2)(10/23)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その1)(10/19)
・中国とロシアは膨大な金(ゴールド)を背景に米ドルを崩壊させる(10/12)
・衆議院総選挙に忍び寄る親ワシントン(グローバリズム)の影(10/5)

9月配信分
・円を金(ゴールド)に替えて中央銀行の通貨システム詐欺の外側に避難する(9/28)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その4)(9/26)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その3)(9/26)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その2)(9/24)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その1)(9/21)
・ロシア最強の暗号通貨「クリプトルーブル」とイーサリアム開発者のICOバブルの警告(9/14)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その2)(9/10)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その1)(9/7)

【関連】日本を襲う新たな貧困「ブロックチェーン格差」の自己責任を乗り越えろ=鈴木傾城

【関連】【新春展望】2018年金融市場は「ビットコイン」と「日銀」が波乱要因に=近藤駿介

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

1 2

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2018年1月15日第239号パート3より一部抜粋、再構成)

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額756円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい